ホームページ

文字サイズ
放送大学
石川学習センター

教員紹介

所長をはじめとする客員教員の先生方がセンター運営の他、面接授業や学習相談等を担当しています。客員教員の専門領域等をご紹介します。
     

千木 昌人 (せぎ まさひと) 
所長

1.専門領域:化学

☆有機合成化学、有機典型元素化学、有機金属化学

☆自然界に存在する糖類やヌクレオシド誘導体の環内酸素原子を同族のイオウやセレン原子に置き換えた擬似化合物の短工程で効率のよい新しい合成法を開発してきました。これらの化合物は生理活性を有していることが予想され、将来的には医薬品や農薬の開発につながることが期待されます。                                                    

2.学協会活動・社会貢献など

☆日本化学会、有機合成化学協会、近畿化学協会、アメリカ化学会

☆石川県内の中学、高校、大学で化学を教えている有志の教員で「石川化学教育研究会」を組織し、事務局の役員として、毎年12月に中学高校生徒化学研究発表会を実施しています。

☆小松市環境審議会委員として、専門的な立場から環境行政に対し意見を述べています。

3.講師から学生へ一言:

☆化学物質は私達の生活に利便性をもたらす一方で、使い方を誤れば人間生活や自然環境に重大な害を及ぼす可能性があります。これらの問題に対処するためには、化学物質の特徴を十分に理解することが重要であります。面接授業では、日常生活で出会うさまざまな物質や現象を取り上げ、化学が生活にいかに密着しているかをわかりやすく解説したいと思います。

北岡 和代(きたおか かずよ)
客員教員

1.専門領域:

☆精神保健看護学

☆主な著書:

『バーンアウト:仕事とうまくつきあうための6つの戦略』(金子書房、2008)

『精神保健看護辞典』(オーム社、2010)

『看護心理学』(鋤柄増根編、ナカニシヤ出版、2013)

『産業における公衆衛生活動の実際』(荒木田由美子編、公衆衛生看護学テキスト、医歯薬出版、2014年)

2. 学協会活動

☆所属学会:日本看護協会、日本精神科看護協会、日本看護科学学会、日本看護研究学会、

日本精神保健看護学会、日本心理学会、日本健康心理学会、日本産業衛生学会など、多数

3. 講師から学生へ一言

'分かりやすく、面白い'授業を常にめざしています。そこで、受講生の皆さんにお願いです。分かりにくい場合は、恐れず・恥じず・勇気を出して「質問!」と、手を挙げてください。    

質問してくる人、大好きです。授業がさらに'分かりやすく、面白い'ものになるからです。

塩谷 亨(しおたに とおる)
客員教員

1.専門領域:

☆ポジティブ心理学,臨床心理学,コミュニティ心理学 

2.学協会活動(所属学協会等)

☆野々市市民カウンセラー講座を立ち上げ,既に229名以上の修了生(市民カウンセラー)が日々の生活に活かしています。

☆従業員の職場でのウェルビーイングの増進を目的とした企業との共同研究を進めています。

石川県精神保健福祉協会副会長,包括システムによる日本ロールシャッハ学会編集委員等をしています。 

所属学会は,日本心理学会,日本心理臨床学会,日本認知・行動療法学会,日本自律訓練学会,日本コミュニティ心理学会,International Positive Association等多数です。

3.講師から学生へ一言(よびかけ):

☆ 面接授業では,ポジティブ心理学をベースにしたエクササイズをたくさん盛り込み,ワークショップ形式の授業を展開します。ご自分の強みを見出し,その可能性を発現させ,意味のある人生を送るお手伝いができればと考えております。

公開講座では,ポジティブ心理学のエクササイズを行う予定です。自分のウェルビーイングを増進させ,その結果を心理検査で確認したい人は是非ご参加ください。

海老原 充(えびはら みつる)
客員教員

1. 専門領域

☆分子生物学や細胞生物学の手法を用い、動物の味覚を研究しています。

我々から見ると、おいしいとは思えないものを食べている動物たちの味覚は、我々とは違っているのです。哺乳類、爬虫類、鳥類などが持つ味覚は、環境に適応して変化してきた結果なのです。

2. 学協会活動

☆味と匂学会評議員、分子生物学会、農芸化学会、時間生物学会、植物生理学会、動物学会

3. 講師から学生へ一言

☆私たちの周りにあることの中には、当たり前と思っていても、なぜそうなるのかがわかっていないことや知らないことが多く存在しています。動物が特定の食べ物しか食べないのはなぜなのでしょうか。動物に心はあるのでしょうか・・・などなど。身近なところにも学ぶことはたくさんあるのです。面接授業では、そうした身近な科学に関する疑問を体験してもらいながら、現代サイエンスの潮流を理解してもらいます。

ライト・ブレント
客員教員

1.専門領域:外国語学習

☆第二言語習得、語彙習得、CALL(Computer Assisted Language Learning)

☆主な業績

1)Transforming Vocabulary Learning With Quizlet, JALT Post-conference Publication 2016, 単著

2)The Versatile Dynamic QR Code: Using Dynamic QR Codes for Class Activities, OTB Forum (7)2、単著                                             

2.学協会活動・社会貢献など

☆ JALT 全国語学教育学会

3.講師から学生へ一言(よびかけ):

☆ 場面、伝えたい内容、聞き手(読み手)などによって英語での伝え方や使う表現が変わってくることが多いと思います。どうすれば効果的に英語で自分の意思を伝えることができるかを探る公開講座となっています。様々な観点から英語で表現することについて共に考え、実践的なアクティビティを交えながら英語での自己表現力を強化しましょう。Learn to Express Yourself in English!

森 祥寛(もり よしひろ)
客員教員

1.専門領域: ☆理論物理学(クォークの閉じこめ)、情報教育、教育工学(ゲームニクスなど)

☆金沢大学では、ICTを活用した教育の推進を中心に、教育手法の開発や教材作成、教育用システムの構築と活用、学習空間の構築などを実施してきました。特に誰にでも実施できるICT活用教育(教育を受ける側だけでなく、実施する側にとっても)を目指して活動を続けています。

2.学協会活動・社会貢献など

☆eラーニングによる教員免許状更新講習にて、情報教育やパソコン操作リテラシーに関する講習を実施。教育システム情報学会北信越支部の幹事として、学生研究発表会などを実施。北陸通信ネットワーク株式会社主催によるサイバーセキュリティ研修にて、セキュリティに関する概論および関連する法律などについて講義。石川県養護教員研究協議会分科会にて、データ処理におけるエクセル活用の手法について演習を実施。地方創生・IoTマーケティングハッカソンin加賀や産業創出アイディアソンin加賀でRESASを用いたデータ分析について講演。

☆所属学会:教育システム情報学会、教育工学会、コンピュータ利用教育学会、情報処理学会

3.講師から学生へ一言(よびかけ):

☆令和2年は、ICTやデジタルを活用するものにとって、大きな転換点を迎えた年でした。これほどそれらの活用が求められた時はないでしょう。ですが、そんな時だからこそ、ICTやデジタルの活用や、それに伴う社会の変化(デジタルトランスフォーメーションなど)について、しっかりと見つめ直さなくてはならないでしょう。ICTやデジタルと言われれば、それがどんなものでも「良さそう」と考えるのではなく、逆に、それを「ダメだ」と考えるのでもない、ICTやデジタルとの程よい付き合い方を身につけなくてはいけません。公開講座では、このような程よい付き合い方を身につけるためのさまざまな知識などについて解説していきます。

ページの先頭へページの先頭へ