ホームページ

文字サイズ
放送大学
石川学習センター

機関誌紹介

翌檜(あすなろ)命名由来

 翌檜(あすなろ)は、石川県の県木である「アテの木」の別名です。形はヒノキに似ていますが、用材としては、ヒノキに劣るため、明日はヒノキになろうと努力したという言伝えから、「あすなろ」という名が付いたと言われています。
 皆さんもあすなろの木のように目標に向かって努力して頂きたいという願いを込めて「あすなろ」と名づけました。

最新号

タイトル

翌檜(あすなろ)

刊行サイクル

年4回(4月、7月、10月、1月)

入手方法

最新「翌檜No.95」はコチラからダウンロード

最新号の目次

■教務関係のお知らせ
・単位認定試験
・科目登録申請
・面接授業解説科目一覧
・公開講座(1月~3月)

■開催報告

・第38回 学生研修旅行
・「異文化」をテーマに公開講演会・学会を開催
・金沢大学留学生との交流会
・学生さん(有志)による年末の大掃除


■開催案内

・石川学習センター学位記授与式と入学者のつどい
・シティカレッジの受講案内

■事務室からのお知らせ
・職員の異動
・数学トピック訂正・修正一覧について
・あなたの撮影した写真を機関誌「翌檜」の表紙にしてみませんか?
・継続出願をお忘れなく
・在学生概要
・キャンパススケジュール

バックナンバー(PDFファイル)

ページの先頭へページの先頭へ