ホームページ

文字サイズ
放送大学
山口学習センター

所長ご挨拶

 放送大学で学ばれるみなさんへ一言ご挨拶を申し上げます。みなさんは、それぞれの志しや動機をもって当大学での「学び」を始められたと思います。まずは、その当初の想いを大切に一歩一歩自分の目標に向かって学び続けてください。ただ、「学び」を続ける過程では、多くの課題・困難に出会うと思います。その際は、ぜひ当学習センターを訪れ、共に学ぶ人たちと語り合い、悩みを共有し、交流を深めて頂きたいと思います。学習センターは、そういう「学びの現場」として、みなさんに開かれています。

 さて、「学び」には単なる知識の獲得や資格の取得に終わらないものがあります。あらゆる「学び」において大切なことは、「学び」を通して「自己に向き合う」ことです。禅仏教に「己事究明」という言葉があります。そもそも人生の根本義はこの一事に尽きると言えます。ただし、それは「他者に向き合う」こと以上に難しい課題です。真摯に学ぼうとする人には、おのずとこの課題の大切さが分かるはずです。ぜひ、「学びの楽しさ」とともに、その「深さ」も体験して頂きたいと思います。

 ところで現在、放送大学での学習は、従来のテレビやラジオからインターネットを媒体としたものへと転換しつつあります。社会全体の大きな流れだとも言えますが、それを受けて放送大学はますます「いつでも、どこでも、だれにでも」開かれた大学(Open University)へと進展していると言うこともできるでしょう。ただ、こういう流れに不安を感じておられる方もおられると思います。

 そもそも「学びの楽しさ」や「深さ」は、上述した「学びの現場」での「出会い」や「交流」を通じて得られると言っても過言ではありません。学習センターは、まさにそういう「場」を提供するところです。このような意味で、当学習センターの教職員一同、できうる限りみなさんの「学び」の支援をしていきたいと考えています。ぜひ、今後も学習センターを良い意味で活用し、より深い「学び」を達成していただきたいと思います。

山口学習センター所長/特任教授
岡村 康夫

ページの先頭へページの先頭へ