ホームページ

文字サイズ
放送大学
山形学習センター

所長ご挨拶

所長からのご挨拶 ―人生百年時代の学びに放送大学を―

いつでも・どこでも・だれでも、放送・オンライン・対面で学習できる放送大学は、教養学部の単科大学で、学士・修士・博士の学位が取得できます。全国で約9万人が、21世紀の「教養」である「多様な学生が人生の多様な局面で解決を迫られる多様な問題を、よりよく解決するための知的基盤を形成する教育」について学んでいます。

放送大学は、全国に57カ所の学習センター等があり、山形学習センターは、山形駅すぐ近くの霞城セントラル10階にあります。そして、500名以上の老若男女の学生のみなさんが「生活と福祉」、「自然と環境」、「人間と文化」等、6つのコースで「教養」を学んでいます。また、山形学習センターでは、学生研修旅行や英語セミナーの活動等もあり、学生のみなさんは、親睦を深めながら多面的な学びも楽しんでいます。

人生100年時代の今、生涯にわたって学び、また学びの習慣を持ち続けることは重要であり、楽しみでもあると思います。その楽しみの場所が、放送大学です。幕末、昌平黌の儒官(総長)、佐藤一斎先生は、学びの習慣の重要性を、その著書「言志四録」の「三学戒」で「少(わか)くして学べば、壮にして為すことあり、壮にして学べば、老いて衰えず、老いて学べば、死して朽ちず」と述べています。

多くのみなさんが、放送大学の学生になり、多様な方々と良い「縁」を結び、「教養」を身につけ、自を磨いていただければ嬉しく思います。みなさんに、山形学習センターでお会いできるのを楽しみにしています。

山形学習センター所長
安田 弘法(やすだ ひろのり)

ページの先頭へページの先頭へ