ホームページ

文字サイズ
放送大学
滋賀学習センター

教員紹介

専門分野の異なる所長と6名の客員教員が、皆さんの学習をサポートします。月1、2回のセミナー、講演会、学習相談を行っています。セミナーは在学生のほか、一般の方にも開放しています(一般の方は1セミナーのみ参加可能です。在学生はすべてのセミナーに参加できます)。参加希望の方は電話か窓口で申し込んでください。日程はトップページ「滋賀学習センターからのお知らせ」でご確認ください。
     

平井 肇(ひらい はじめ)
所長/スポーツ社会学、健康・スポーツ科学

 私は学部では歴史学を、大学院では社会学を専攻しました。前任校では、体育学と国際理解教育に関係する教科を担当していました。一見すると「支離滅裂」(?)で、「どんな関連性があるの」とよく不思議がられますが、私なりに一貫性はあると思っています。私にとって研究の対象は常にスポーツとその周辺に関わることで、文化としてのスポーツの意味やスポーツと社会の関係を、時代や地域を越えて考えてみたいという姿勢で教育・研究・社会活動に取り組んできました。
 スポーツをすることはもちろん、観ることも、読むことも、語ることも、スポーツに関わることなら何でも大好きです。私にとっては、スポーツに関係することなら何でも研究のテーマになり得ます。特に、今年、開催予定だった2020東京オリンピック・パラリンピックが2021年に延期になりました。セミナーや面接授業で、皆さまと一緒に学ぶ機会があると思います。その時は、スポーツについて多いに語り合いましょう。


◆スポーツ文化論セミナー  【オリンピックと現代社会】
 オリンピックが、スポーツのみならず政治や経済、文化などさまざまな分野で社会に及ぼしてきた影響について考えてゆきます。2021年に延期となった東京オリンピック・パラリンピックについても、みなさんと語り合いたいと思います。

荻田 純久(おぎた よしひさ)
教育心理学/臨床心理学

 さまざまな校種でカウンセラーとして仕事をすると同時にさまざまな高等教育機関で心理学の教育・研究を行ってきました。私の専門とする教育心理学や臨床心理学は現場のことが分からないとなかなかよい研究に結びつきません。そのため私は現場の先生方とのコミュニケーションを重視し,可能な限りカウンセラーとしての仕事も継続してきました。
 セミナーでは、心理統計学の基礎を扱いたいと思います。心理学を学ぶ上で、研究を進めていく上で心理統計学は避けては通れません。また、公認心理師、臨床心理士等の試験を受ける際にも心理統計学の勉強が必要です。苦手だと思う方は是非とも参加して下さい。皆さんがしみじみと理解できるように説明をしたいと思います。


◆心理統計学セミナー 【心理学研究に必要な統計学の基礎を学ぶ】
 心理学を学ぶ際に統計学の学習は必要不可欠です。本セミナーでは、心理統計学について基礎からじっくりと解説していきたいと思います。そして、簡単な研究論文を読破できる能力を身につけることを目標とします。

兼重 努(かねしげ つとむ)
文化人類学

 客員教員を拝命して3年目となりました、兼重努と申します。引き続きよろしくお願いします。専攻は文化人類学、地域研究。中国の少数民族文化、風水思想、積徳行、文化遺産などを研究しています。
 本年度は、昨年度に引き続き異文化理解入門セミナーを開講致します。文化人類学における異文化理解の基礎的視点と方法論についてご紹介致します。私は、トン族というタイ系の少数民族を対象に、中国南部のトン族の村で長期のフィールドワークを行ってきました。折に触れて、その時の経験も皆様に紹介できたらと思っております。


◆異文化理解入門セミナー 【文化人類学の視点と方法を学ぶ】
 文化人類学における異文化理解の基礎的視点と方法論について以下の2点を学びます。①世界の諸文化を理解するための視点と方法論、②異文化を生きる人々の目を通して人生や世界を見るための視点と方法論。

川中 大輔(かわなか だいすけ)
社会学

 社会が大きく変化する中で、20世紀社会につくられた多くの仕組みが十全に機能しなくなっていることは既によく知られていることです。では、全ての人々が幸せにいきていくためには、どのような仕組みを新たに創り出していけばよいのでしょうか。この問いに対して社会学的に探究し、具体的な実践を構想していく社会デザイン研究が私の専門です。特に市民社会からのイノベーションに関心を寄せており、現在は社会イノベーターと呼ばれる人々の成長過程に関する研究に取り組んでいます。今年度のセミナーでは、「社会を変える市民」はいかにして育つのかという問いを掲げ、市民のあり方について考えていくこととします。


◆ソーシャルイノベーション研究セミナー 【「社会を変える市民」はいかにして育つのか?】
 社会の大きな転換期にある中、ソーシャルイノベーションを巡る議論が盛んである。では、「社会を変える」とはどういうことなのか。その担い手たる「市民」はいかにして育つのか。これらの問いについて講究していく。

京樂 真帆子(きょうらく まほこ)
日本古代史

 本年度より客員教員となりました。どうぞよろしくお願いいたします。
専門は日本古代史ですが、特に、平安京の都市社会史と女性史・ジェンダー史を得意としています。歴史に安易なロマンを求めるのではなく、史実をしっかりと見据えた上で、今を生きるための糧としたいと考えています。藤原兼家の政治家としての能力に感嘆したり、紫式部の賢さに感動しながら、歴史を楽しみましょう。
新しい機会をいただきましたので、『栄華物語』を最初から読み直したいと思います。ゆっくりとしか進まないでしょうが、平安時代に親しんで頂ければと思います。


◆栄華物語を読むセミナー 【女性の視点からみた平安時代史】
 『栄華物語』は、平安時代約200年間の貴族社会の様子を、仮名を使って物語風に描いた歴史物語です。前半部分は、赤染衛門が執筆したと言われています。その物語を歴史学研究の立場から輪読していきましょう。

藤原 学(ふじわら まなぶ)
機器分析化学

 2020年度も客員教員を務めさせていただきます。専門はX線を中心とした機器分析化学ですが、学生と協力して研究を続けているとさらに謎が増えていくような気がします。研究対象は、考古試料、環境試料、生体試料といろいろで、それぞれに特徴があります。2020年度第一学期は「現代化学セミナー(化学の基礎から応用まで)」、第二学期は面接授業「これまでとこれからの化学」を行う予定です。すべての化学物質は原子核と電子からできており、化学物質の中では電子が重要な働きをしていますので、不思議な振る舞いをする電子を理解する必要があります。皆さんと一緒に、基礎から化学を勉強していきたいと思います。本年もどうぞよろしくお願いします。

◆現代化学セミナー 【化学の基礎から応用まで】
 化学は、物質の構造や性質について研究する自然科学の一つです。現代の化学を理解するには電子の観点から学ぶ必要があります。電子の世界から化学を学び、材料につながる応用まで一緒に歩んでいきましょう。

三ツ石 郁夫(みついし いくお)
近現代ドイツ経済史

 本年度から客員教員を務めさせていただきます。専門は近現代ドイツ経済史です。産業革命や西南ドイツの地域経済、そして戦後の地域金融や中小企業史などを研究しています。まだ西ドイツだった時代に留学して以来、たびたびドイツに滞在し、地域に残される多くの歴史の舞台や近代化の遺産を見学してきました。本で読んだ歴史の舞台などを自分の足で訪れ、それぞれの時代が抱えた問題に思いをめぐらせることはたいへん興味深いことです。歴史は、「現在と過去との間の尽きることのない対話」(E.H.カー)と言われます。セミナーでは現代と結びついた歴史の魅力を、受講される皆さまとの対話のなかで語り合いたいと思います。


◆ドイツ現代史セミナー 【20世紀ドイツの歴史をたどる】
 ドイツは20世紀において、帝政期とワイマール共和国、ナチ期や戦後分断国家などさまざまな時代を経験してきました。その歴史を、経済を中心に振り返ります。講義と討論を織り交ぜて進めます。


ページの先頭へページの先頭へ