ホームページ

文字サイズ
放送大学
滋賀学習センター

教員紹介

専門分野の異なる所長と6名の客員教員が、皆さんの学習をサポートします。月1、2回のセミナー、講演会、学習相談を行っています。セミナーは在学生のほか、一般の方にも開放しています(一般の方は1セミナーのみ参加可能です。在学生はすべてのセミナーに参加できます)。参加希望の方は電話か窓口で申し込んでください。日程はトップページ「滋賀学習センターからのお知らせ」でご確認ください。
     

吉川 栄治(よしかわ えいじ)
所長/国文学

日本史上最大人口の1949年生まれ。長崎市で育ちました。早稲田大学政治経済学部を卒業後、国文学に方向転換し同大学院文学研究科に進学、『古今集』を中心に平安期の和歌を研究してきました。1993年から滋賀大学教育学部に勤務、2015年に当学習センター所長に就任しました。月・金以外はおおむね所長室にいます。セミナーは原則第2・第4火曜の午前中に行っています。他センターの学生さん、一般の方も歓迎です。

◆古典入門セミナー「―日本の名場面―」
「人間」をテーマに、さまざまな古典作品の中から、生と死、性と愛、怪異、犯罪、滑稽談など、昔の日本人のありのままの姿を活写した場面を選び、現代と異なる倫理観・死生観・婚姻観などについて解説します。

秋山 元秀(あきやま もとひで)
歴史地理学/人文地理学

歴史と地理は密接にからみあっています。ある土地の歴史は、土地の風土がその基盤にあり、地域の特徴は歴史の中で作られたものです。歴史は地理に刻まれ、地理が歴史の舞台になります。歴史地理というのは、このからみあいを解き明かそうとするものです。ここしばらくセミナーで中国の歴史書、資治通鑑の漢武帝紀を読んでいますが、漢がなぜ匈奴と戦うことになったのか、なぜ南方に進出して夜郎自大などというエピソードが生まれたのか、そのころの朝鮮半島はどうだったのかなど、歴史地理にかかわる問題がたくさん出てきます。一枚の地図には一瞬の出来事だけではなく、長い歴史も刻まれています。それを読み解いていく楽しみが地理学にはあります。

◆中国史講読セミナー「中国史の原典を読む」
宋の司馬光が著した『資治通鑑』の漢武帝の時代を読みます。テキストには活字標点本(中華書局)を使います。

石田 法雄(いしだ ほうゆう)
宗教学/英語英文学

勉強会では、ポップソングを聴いたり、英語クイズを解いたり、簡単な英会話をこころみたり、道元思想を英訳と共に講読したり、東洋思想を宗教学の立場から論じたりしてきました。
今年度が客員教員として最後の年となり、勉強会もセミナーとなり、「仏教英語入門セミナー」を開催します。仏陀の生涯、buddha、仏の三身、縁起、三法印、四諦八正道、仏法僧を年間20数回に分け開講します。仏教思想は、英語で学習すると分かり易いことがよくあります。
毎回の学習会は、1)イングリッシュ・レクチャー、2)日本語での解説、3)日英での懇談・討論会の3つに分けて行います。各回の学習会にはそれぞれのテーマがあります。毎回の継続的な参加が望ましいのですが、時間の都合のつくときの参加も可能ですので、自由にご参加ください。時に英文法の解説も予定しています。

◆仏教英語入門セミナー「ちょっと英会話」
仏教思想を英語で講義し、日本語で解説し、討論を行います。諸行無常の英訳は Everything is changing. です。系統立てた講義ですが、毎回テーマがありますので自由に参加して下さい。

梅澤 直樹(うめざわ なおき)
社会経済学

専攻は経済学ですが、豊かさとは何か、経済とはどのような意味を持つ営みかといった問題に関心があります。経済学は、希少な資源の最適配分といった効率性と切り離しがたい学問と解されがちですが、たとえば平日の私たちの活動の最大時間を占める労働がもっぱらそうした効率性に縛られた営みだとすれば寂しくありませんか。むしろ、自らの個性を発揮し、また錬磨して働きがいを覚え、あるいはその成果が消費者に喜んでもらえることで社会の一員としての自らの価値を確かめられるような時間であってほしいですよね。少しでもそれに近づくことのできる社会のあり方とはどんなものだろう、そういったことを皆さんと考えてゆけたらと願っています。   

◆経済学セミナー「―経済学とはどのような営みだろうか―」
稀少資源の効率的な配分という経済学の常識を超えて、経済活動が人間の幸せにとって持つ意味(well being=生の充実)を、J.S.ミルなど優れた経済学者に導かれつつ考えてゆきたいと思います。

兼重 努(かねしげ つとむ)
文化人類学

客員教員を拝命して2年目となりました、兼重努と申します。引き続きよろしくお願いします。
本務校の滋賀医科大学では教養教育を担当しています。専攻は文化人類学。中国の少数民族文化、風水思想、積徳行、文化遺産などを研究しています。
本年度第一期の中国研究セミナーでは、『中国の異民族支配』(横山宏章著、集英社新書)を読みすすめ、近代中国における漢民族による異民族(=少数民族)支配の論理について学んでいきます。
私は、トン族というタイ系の少数民族を対象に中国南部の村で長期のフィールドワークを行ってきました。折に触れて、その時の経験を皆さまに紹介できたらと思っております。

◆異文化理解入門セミナー「―文化人類学の視点と方法を学ぶー」
文化人類学における異文化理解の基礎的視点と方法論について以下の2点を中心に学びます。①世界の諸文化を正しく理解するための視点と方法論、②異文化を生きる人々の目を通して人生や世界を見るための視点と方法論。

藤原 学(ふじわら まなぶ)
機器分析化学

昨年度に引き続き、本年度も客員教員を務めさせていただきます。専門はX線を中心とした機器分析化学です。よく分析されている金属化合物だけでなく、考古試料、環境試料、生体試料といろいろな物質を研究対象にしています。2019年度第一学期は「現代化学セミナー(電子から化学を学ぶ)」、第二学期は面接授業「電子から見た化学の世界」を行い、電子の観点から化学という学問を考えていきます。すべての化学物質は、原子核(陽子と中性子)と電子から構成される原子やイオンのみからできており、化学物質の中では電子が重要な働きをしています。一年間皆さんとともに、新しい化学を勉強していきたいと思います。よろしくお願いします。

◆現代化学セミナー「―元素の周期表から材料科学へー」
私達は、いろいろな物質(材料)に取り囲まれて豊かな生活を送っています。なぜ、このような材料がつくられ利用されているかについて理解するために、化学の基本である元素の周期表から講義を始めていきます。

川中 大輔(かわなか だいすけ)
社会学

社会が大きく変化する中で、20世紀社会につくられた多くの仕組みが十全に機能しなくなっていることは既によく知られていることです。では、全ての人々が幸せにいきていくためには、どのような仕組みを新たに創り出していけばよいのでしょうか。この問いに対して社会学的に探究し、具体的な実践を構想していく社会デザイン研究が私の専門です。特に市民社会からのイノベーションに関心を寄せており、現在は社会イノベーターと呼ばれる人々の成長過程に関する研究に取り組んでいます。今年度のセミナーでは、まちづくりの新たな方向性と課題について考えていくこととします。従来の固定観念からいかに自由になれるか。一緒にチャレンジして参りましょう。

◆コミュニティ・デザイン研究セミナー「21世紀社会におけるまちづくりの課題」
まちづくりを巡る社会環境が変化し、従来のカタチには限界が見られてきています。にも関わらず、一層の拡充・推進が期待されています。この中でどのような実践を構想していくべきでしょうか。この問いについて考えていきましょう。

ページの先頭へページの先頭へ