ホームページ

文字サイズ
放送大学
熊本学習センター

所長ご挨拶

 令和2年4月に所長就任して1年が経過しました。振り返ってみれば、明けても暮れてもコロナコロナの1年でした。メディアの異常なまでの煽り報道もさる事ながらやはり正確な情報の伝達や情報の開示が後手後手に廻ってしまった感は否めません。このような未曾有の疫病感染危機の中、熊本学習センターに来所される学生の皆様には修学上のご不自由・ご不便をおかけしましたこと申し訳なく思っております。皆様のご理解とご協力により小規模ながら部分的に面接授業を実施することができましたことあらためて感謝申し上げます。ニュース報道によればワクチン開発が予想以上に早く進み、予防接種も一部で開始されたとのことで、皆様にはこのような状況を前向きに捉えて、明るく楽しく元気よく、学修生活を送って頂ければと思っています。専門家によれば、コロナウイルスは正しく恐れることが肝要だそうですが、恐れてばかりでは何も始まりません。皆様にはポストコロナ社会を見据え、必要な学びを深化させ、世の中の変化を見極め得る能力を放送大学での学習を通して身につけて頂きたいと思っています。そのためにも、この機会に、これまでの学びや学びの姿勢を見直し、新たな学びへの出発につなげて頂きたいと思っています。

放送大学熊本学習センター所長
古島 幹雄

ページの先頭へページの先頭へ