ホームページ

放送大学
香川学習センター

教員紹介

香川学習センターは、所長、客員教員8名と、事務系職員7名が、学生の皆さんの学習を支援します。 所長は学習センターの活動全体の運営責任者として学習環境の整備・充実の役割を担っています。8名の客員教員と共に、 学生の皆さまの各種相談や学習ゼミ、特別セミナーでの対話・意見交換による学習にも対応しています。
     

大平 文和
香川学習センター所長(香川大学名誉教授) / ≪専門分野≫ 知能機械工学

平成26年より当センター所長になりました大平です。この香川学習センターからは、栗林公園や紫雲山や屋島、また瀬戸内海の穏やかな風景を楽しめます。当学習センターでは、最新の情報機器を備えた講義室や図書館、視聴学習室など、学生さんの学習を広くサポートする環境を備えています。当センターでは、面接授業だけでなく、香川大学からの客員教員が各専門分野につき深く議論する特別セミナーや、各方面の有識者による一般市民向けの公開講演会等も多く開催し、地域の皆様に生涯学習の場を提供しています。
学生さんがこの恵まれた環境を最大限活用して思い存分勉学や課外活動に励まれ、豊かな学生生活を送られることを祈念しています。

増田 拓朗
香川学習センター客員教授(香川大名誉教授) / ≪専門分野≫ 環境緑化工学

2014年3月で工学部を定年退職し、4月から放送大学の客員教授としてお世話になることになりました。専門は造園学・緑化工学で、主として「緑化樹の生育と土壌問題に関する研究」に取り組んできました。臨海埋立地の緑化、はげ山緑化、街路樹の育成管理など地域の緑化にも関わってきました。緑豊かで快適な環境の保全・回復・創出に向けて、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。よろしくお願いします。

岡﨑 勝一郎
香川学習センター客員教授(香川大学名誉教授) / ≪専門分野≫ 動物細胞工学

平成27年4月から放送大学の客員教授としてお世話になることになりました。高知県生まれで、香川県で暮らすのは学生時代を含めると33年目になりました。農学部では主に「海洋細菌が生産する多糖の美白作用と免疫賦活化作用に関する研究」を行っています。ウイルスを含めた微生物、免疫・アレルギーや動物細胞の利用に関して皆さんと一緒に理解を深めて行きたいと思いますので、興味のある方は是非ご参加ください。

大賀 睦夫
香川学習センター客員教授(香川大学経済学部教授) / ≪専門分野≫ 政治学

専門は政治学、経済学部地域社会システム学科所属です。経済学部が、大交流時代に遅れてはならじと、地域社会システム学科にツーリズムコースをつくったのは9年前。趣旨に賛同してそのコースの教員になりました。以降、「観光と政治」という授業もつくって担当してきました。観光の現場に学生を連れていく課題では、四国遍路をテーマにしたので、歩き遍路を始めました。まことに、遍路は世界に誇る文化遺産だと思います。

有馬 道久
香川学習センター客員教授(香川大学教育学部教授) / ≪専門分野≫ 心理学

教育学部で教員養成・研修に携わって29年が経とうとしています。主に,授業のプロである教師の視線の向け方や無自覚ではあるけれど意図を持った観察力と判断力について心理学的に研究しています。月1回実施する特別セミナーでは,研究成果を交えながら人が仕事や普段の生活の中で発揮する優れた観察力や知恵,さらには人の行動の不思議について,皆さんと一緒に考えていきたいと思います。興味のある方は気楽にご参加ください。

石川 徹
香川学習センター客員教授(香川大学教育学部教授) / ≪専門分野≫ 哲学

17、8世紀の英国哲学と、その現代版とも言える現代の分析哲学の研究をしています。
哲学に限らず学問の出発点は自分が何を知らないのかを自覚するところから始まります。この自覚を忘れないように学生の皆さんと学んでいけたらと思っています。よろしくお願いします。

山神 眞一
香川学習センター客員教授(香川大学教育学部教授) / ≪専門分野≫ 運動学

本年度より放送大学の客員教授としてお世話になる香川大学教育学部の山神です。専門は、運動学です。子どもから高齢者を対象として、健康や発育 発達の観点から人間の運動の大切さを研究しております。武道(剣道)も実践しておりますので、日本の伝統文化にも関心を持っています。どうぞよろしくお願いいたします。

肥塚 肇雄
香川学習センター客員教授(香川大学法学部教授) / ≪専門分野≫ 商法・保険法

本年度から放送大学客員教授としてお世話になります。専門は、法律学のうち、商法部門の一つである「保険法」が中心ですが、その他、自賠法、医学と民事法学との学際的な領域の賠償科学、消費者法及び個人情報保護法等の関連法令も含めて研究に取り組んでいます。近年は、自動運転車の走行、ウェアラブル端末による健康情報の読み取り及び人工知能(AI)等が世間の耳目を集めていますが、これらには興味深い問題が複数潜んでいます。これらの問題について皆さんと一緒に考えることができれば幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

渡邉 久美
香川学習センター客員教授(香川大学医学部教授) / ≪専門分野≫ 精神看護学

この度、放送大学の客員教授としてお世話になることになりました。専門は精神看護学で、現在は在宅ケアの連携に活用できる情報共有システムの開発に取り組んでいます。便利さや快適さを求める時代にあって揺らがない定見に触れ、心の安寧や広がりを感じつつ、日本人の心に触れる生き方をともに学んでいきたいと思います。

ページの先頭へページの先頭へ