ホームページ

文字サイズ
放送大学
静岡学習センター・浜松サテライトスペース

セミナーのお知らせ

 静岡学習センター・浜松サテライトスペースでは、所長、客員教授によるセミナーを実施しています。

 セミナーは当センターの所長、客員教授から直接指導を受けることのできる少人数のゼミ形式による勉強会で、毎学期実施しています。

 正規の単位にはなりませんが、受講は無料です。

 所長・客員教授によるセミナーのご案内 ...... 2021年度2学期
申込み方法                                                 

   ■対面方式の場合は電話で、オンライン方式の場合はメールで、

   参加されるセミナーのテーマ、氏名と連絡先(電話番号)等をお知らせください。

   【電話番号】 055-989-1253(静岡SC)    053-453-3303(浜松SS)

   【 e-mail 】 shizuoka-sc@ouj.ac.jp

◆注意事項

   ①毎回出席が原則です。(面接授業と重なる時は、面接授業を優先してください)。

   ②対面方式の場合の実施会場は、申込先と同じです。対面とオンラインが両方書いてある場合は 

    併用しますので、申込みの際にどちらの方式で参加を希望するかお知らせください。

   ③定員に達した場合、お断りする場合があります。

   ④定員の範囲内で、学生以外の方が参加する場合があります。

      【静岡SC】2学期セミナー一覧.pdf  ← こちらをクリックしてください

      【浜松SS】2学期セミナー一覧.pdf  ← こちらをクリックしてください  

  

 

 セミナー.png

 百年ゼミ 環境とAIを巡って

 百年ゼミは、私たちが⽣きてきた数⼗年を振り返って、そしてこれからの数⼗年を考えみようと昨年度(2019年度)から環境とAIを対象に議論を進めてきました。環境問題は「どこかの出来事」では無く⾃分が⽣活してきた中で考え直してみよう。また⾚から緑や⻩⾊に変わった公衆電話が街から消えてしまうことなど想像もできなかったように、この半世紀
の間に科学技術はコミュニケーションツールを通して私たちの⽣活と社会を⼤きく変えてきました。初年度のゼミの成果は2本のレポートに纏められています。
 放送⼤学HPに掲載:『プラスチックの歴史と廃プラ処理から海洋プラスチック汚染を考える』河⼝他、
          :『AIが作る世界と私たちのこれから』鈴⽊他
 令和2年度は、新型コロナウイルスの世界的な広がりの影響を受け、私たちの⽣活も放送⼤学の活動も⼤きな変更を余儀なくされています。そのような状況の中で、新しいゼミメンバーを加え、⼆つのレポートの内容を深化させることを⽬標に,オンラインゼミを続けています。その活動で得られた成果の⼀つを⼀枚の年表にまとめてみました(図1.終戦から今までに私たちの⽣活に影響を与えたことがら)。では図に⽰されたような⼤きな出来事が続く中で、では私たち⼀⼈⼀⼈の⽣活はどうだったのか。そのことについてゼミメンバーのうち1945年8⽉を経験された3⼈(河⼝さん、佐藤さん、笹井さん)の⽅から伺った内容を⼋束さんらのテープ起こしの作業などを経て纏めることができました。貴重な情報が込められているのではないかと思います。これらを私たちの百年ゼミの令和2年度前半の活動の記録として掲載させていただくことにしました。なお、⽣の声には現在では使⽤がこの好ましくないとされている⽤語も含まれたため、内容には修正が加えられています。また、とりまとめに際しては⼋束いく⼦さんに⼤変お世話になりました。お礼申し上げます。
放送⼤学客員教授・静岡⼤学名誉教授 理博 加藤憲⼆
2020.10.3

【2019年度第2学期】

【補遺付】100年ゼミ海洋プラスチック汚染 (河口・深津).pdf

100年ゼミ(AIが作る世界と私たちのこれから)鈴木他.pdf

【2020年度第1学期】

百年ゼミ(図1.終戦から今までに私たちに影響を与えたことがら).pdf

百年ゼミ 環境と情報の自分史1(河口さん).pdf

百年ゼミ 環境と情報の自分史2(笹井さん).pdf

百年ゼミ 環境と情報の自分史3(佐藤さん).pdf

ページの先頭へページの先頭へ