ホームページ

文字サイズ
放送大学
島根学習センター

教員紹介

島根学習センターでは、所長他7名の教員が勤務しています。 学習内容についてはもちろん、履修計画や学習方法など、様々な学習上の疑問・悩み・問題について、所長と6人の客員教員が直接ご相談に応じます。わからないことがあれば、一人で悩んでいないで、「客員教員室」の扉をたたき、先生とお話ししてみませんか。解決の糸口が見つかるはずです。
     

荒川 正晴 (あらかわ まさはる)
客員教授   専門分野 (東洋史学)

私の専門は歴史学で、トゥルファンや敦煌と呼ばれるシルクロード上のオアシスから出土した古文書史料を用いて、主に中央アジアと中国の古代史を研究してきました。またシルクロードの交易や東西の文化交流の問題とも取り組んでいます。みなさんが高校で習われた世界史は、おそらく無味乾燥な各国史の寄せ集めだったかと思いますが、それを国家単位ではなくザックリとユーラシア大陸サイズあるいはグローバルレベルで眺めてみましょう。世界の見え方がまったく違ってくるはずです。これから、みなさんの学びのお手伝いができることを楽しみにしています。どうぞ本年度もよろしくお願いします。

安齋 有紀  (あんざい ゆき)
客員准教授   専門分野 (フランス語学)

 私たちが日常的に行なっている「対話」という言語活動に関心を持ち、フランス語と日本語を対照しながら、音声によるコミュニケーションに観察される様々な言語現象に着目した「話し言葉」の研究をしています。本務校の島根大学では、フランス語・文化関連の授業を中心に行なっていますが、言語文化圏によってなぜ「ことば」の使い方が異なるのか、複数の言語を対照することでそれぞれの言語の特徴がどのように見えてくるのかなど、「ことば」に関する素朴な疑問について学生とともに考えながら、対照言語学の面白さを伝えようと日々取り組んでいます。島根学習センターでは、フランスの文化や言語の魅力を楽しくお伝えしていきたいと思っております。

大谷 みどり (おおたに みどり)
客員教授    専門分野(異文化コミュニケーション、英語学習における支援)

皆さん、こんにちは。この4月より放送大学で客員教員としてお世話になります。私は色々な仕事を経て、いま大学という場で仕事をしています。関心は、異なった文化的背景を持つ人々の間で、どのようにすれば、よりよいコミュニケーションが出来るか、言葉以外に、何が相互理解の壁になりうるのかという「異文化コミュニケーション」と呼ばれる分野と、英語を学ぶ上で、各人が持つ特性がどのように影響するのか、特性をどのように活かせるのか、という点を、支援という側面から考えていく「英語学習支援」の分野です。この二つの領域について、実は個々人が持つ文化的背景や特性が、コミュニケーションや学習に、どのように影響を及ぼすかという点で共通項があります。このような領域に関心のある皆さんと一緒に学べることを楽しみにしています。

尾﨑 浩一 (おざき こういち)
客員教授   専門分野 (生物学・分子生理学)

 客員教員に着任して4年目を迎えます。研究の専門分野は主に動物の感覚、とりわけ光感覚(視覚)です。前任の大学ではイカや昆虫の眼を用い、私たちが生涯ものを見続けるのに必要な分子メカニズムを中心に研究を続けてきました。「だんだんセミナー」では、これらの専門分野だけでなく広く生物の不思議について、主に生理学や行動学、分子生物学的な立場から皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。新型コロナをはじめとして、生物学や医学が関わる問題はますます重要になりつつあります。こうした問題に対処するためには、一人ひとりが生物学に関する正確な知識や情報に基づいて、自ら考えていかなければなりません。本セミナーが、その一助になれば幸いです。よろしくお願い致します。

髙須 晃 (たかす あきら)
客員教授   専門分野 (地質学・岩石学)

 地球の表層を覆う地層や岩石には様々なものがありますが、これらの大部分は地球が誕生した46億年前から現在までにおこった地殻変動やマグマ活動の結果として形成されたものです。私はこれまで、かつての大陸と大陸の衝突(5000万年前の大陸衝突によりヒマラヤ山脈が形成されました)や海洋プレートの沈み込み(これにより巨大地震や火山噴火がひきおこされます)にともなう地球大変動の痕跡を残す岩石の研究を行ってきました。放送大学では、地球表層部を構成する地層、岩石と鉱物について、できるだけわかりやすく解説できればと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

村瀬 俊樹 (むらせ としき)
客員教授   専門分野 (心理学)

今年度から客員教員を務めます。本務は、島根大学人間科学部で心理学を担当しています。これまで、母語としての日本語を獲得する過程を中心に研究を行ってきました。0~1歳代にかけて、どのような力が育つことが言葉の獲得をささえているのか、養育者のことばかけにはどのような特徴があり、それを子どもはどのように処理してことばを獲得するのかという研究を行っています。ことばの獲得に関する日米比較研究に参加する中で、日本文化の中で形作られる心にも関心を持つようになりました。「空気を読む」と言われるように、他者の心を推測して自分の行動を調節する傾向が日本社会の中でどのように形成されていくのかという研究にも取り組んでいます。

ページの先頭へページの先頭へ