ホームページ

文字サイズ
放送大学
埼玉学習センター

サークル・同窓会のご案内

公認サークル情報

当学習センターには、現在、大学公認の学生団体が13団体あり、文学・歴史・語学・パソコン・音楽・国際交流・ダンスなど多岐にわたり積極的に活動しています。

バランス体操〝悠悠〟

活動内容: 健康の維持向上の為に、各種体操(練功18法、チベット、呼吸法、ストレッチ)気功、ウォーキング全般を行い‟バランス"のとれた体作りを心がけています。心身ともにリラックスできる深い呼吸法を取り入れて、老化予防を目指します。‟い(良)い・加減"をモットーとしています。
備考: WS000000.JPG

朗読の会 「こころ」

活動内容: 朗読を通じた豊かな人間形成と楽しい仲間づくりを目的とします。朗読の魅力は、心に響く名文や心の機微に触れる作品を声に出して読むことにより、生きることの喜びや悲しみを深く理解できるようになり、心に希望の灯をともせることにあります。フェスタでの発表を通じその魅力を伝え広げていくことを目的とします。
備考:

サークルおおみや

活動内容: 美術鑑賞、音楽鑑賞、ハイキング、研修旅行など、主に屋外での活動を通じて放送大学生及び大学院生がお互いの個性を尊重し、自己啓発と親睦を深め豊かな人間関係を形成することを目的とする。
備考:

パソコンサークル Compass

活動内容: 誰もが、自由自在にパソコンをあやつり、情報化時代におかる自己の確立を目的とするとともに会員相互の親睦を図ること。
備考:

ソシアルダンスクラブ

活動内容: 1.ダンスを楽しみ会員相互の親睦と技術向上を図ります。
・音楽に乗って、ワルツ、ルンバ等初心者でも踊れるように指導します。
・4回/年間のダンスパーティで練習成果を発表します。
・フォーメーション等グループ演技により相互の連携を深めます。
2.健康促進
・音楽で身体を動かし、健康にも効果的です。
・脳を活性化させることで認知症予防等に有効です。
備考: WS000000.JPG

江戸時代の古文書を読む会

活動内容: 江戸時代の古文書を読むことにより、当時の文化の鑑賞を目的とする。
備考:

埼玉英語倶楽部

活動内容: お互いの個性を尊重し、親睦を深め、英語力の向上を目指しています。
備考: HP用:英語倶楽部.jpg

熟年会

活動内容: 会員間の親交を深め、豊かな人間関係を形成する。勉強会、小旅行、パソコン、クラブ、映画会、懇親会等を展開中。(年齢制限はありません)
備考: HP用:熟年会.jpg

健康体操研究会

活動内容: 毎日を健康に過ごせるよう、こころと体のバランスを目指します。ストレッチポール、棒、ゴムベルト等で体をほぐし、転倒予防の筋トレやウォーキング、肩こり・腰痛予防のダンシング(ラテン・盆踊り・ディスコ)など、会員の親睦を深めながら健康体操を楽しみます。
備考:

ラルゴ 体ほぐしの会

活動内容: 気功、ヨガ、ストレッチ、体操などを組み合わせたワーキングを行っています。「無理せず、自分のペースで」をモットーに体と心をほぐします。
備考:

未来の会

活動内容: 「孤独に学び、孤独に帰る」を打破し、共に学びながら、未来を創造して大学生活を楽しく有意義に過ごすことを目指します。
備考:

舞踏研究会

活動内容: ・目的
①社交ダンスやフラダンス等が踊れるようになります。
②初心者から経験者までダンスの基本に立って学び合います。
③体に不自由を感じる方も積極的に取り組めるダンスを目指します。
④ダンスを踊る場や練習する場を提供します。
⑤その成果を多彩な方法で発表します。
備考:

Wiener Wald Musikfreunde

活動内容: 西洋古典音楽(バッハ、モーツァルト、シューベルト等)の合唱曲を中心に合唱、器楽(管弦楽他)の練習をしています。サークル名は、いつかウィーンの森の教会での演奏を目標にしています。
備考: 音楽(南雲).jpg

同窓会について

埼玉同窓会は平成2年6月に、会員数35名でスタートしました。初年度は同窓会報を創刊し、研修旅行を実施しました。翌年には会報の愛称を「さくら草」と決定し、新春講演会を開催して、現在の活動の原型が出来上がりました。平成12年には10周年の記念講演会を開催しました。平成18年には従来の新春講演会を同窓会単独ではなく、学習センターと共催にし、各市に出向いて学習相談や入学説明も行なうという「出前講演会」を始めました。それ以降の一般講演会は全て同窓会が共催しています。平成19年には、C(学生サークル)S(さくら草)C(学習センター)交流会を結成し「埼玉フェスタ」の開催や「学生新聞」の発行など活動を広げ、今では会員数も1000人を超えました。同窓会は、埼玉学習センターに関わる全ての人との縁を大切に活動して行きたいと思います。多くの皆様の参加をお待ちしております。

ページの先頭へページの先頭へ