ホームページ

文字サイズ
放送大学
奈良学習センター

所長ご挨拶

所長ご挨拶
長寿の時代にあって、いまや「学び」は人間が長い生涯をかけて完成すべき営みとなっています。地域に根差した生涯学習の場として、放送大学およびその学習センターの役割はたいへん重要なものだと考えています。奈良学習センターは近鉄奈良駅から徒歩10分、奈良女子大学コラボレーションセンター内にあり、古都の落ち着いた雰囲気がそのままセンター内にも漂っています。ぜひ気軽にお立ち寄りください。
放送大学奈良学習センター 所長
三野博司
★プロフィール
2015年3月、65歳で奈良女子大学を退職したあと、24年勤めた愛着深いキャンパス内にある放送大学奈良学習センターの所長として、働く場を与えていただきました。研究分野はフランス文学です。フランス語教育に関して教科書や参考書を執筆し、文学批評の本を編集し、日仏文化交流の論文を書き、『星の王子さま』関連の本を出したりしていますが、研究の中心は、30年前に研究会を立ち上げたアルベール・カミュです。文学研究を通して、人が学ぶとはどういうことなのかを考えたいと思っています。
★所感
☆成熟ということ
若い頃、文学青年の端くれであった私は「夭折」ということにあこがれをいだいていました。若くして病死した、あるいは自殺した人の手記などを好んで読んでいたのです。そこにはなにかしら純粋な人生があるような気がしていたのですね。おとなにならずに、無垢性を保ったまま短い生涯を終えたいという、いかにも未熟で青臭い若者の考えることなのですが。
とはいえ、どんどん年はとっていくわけです。やがて「夭折」が無理だということがわかってきます。とすると、年を取ることがマイナスではなく、これをプラスに転じなくてはならない。そこで考えたのは「成熟」ということでした。
ところが、あるとき、現代は成熟するのが難しい時代だということに気づいたのです。人間が道具を使っていた時代には成熟ということが可能でした。道具のほうは変化しませんから、人間のほうが変化し、成長し、成熟していけば良い。こうして長い年月を経て、練達の職人ができあがります。ところが、機械の時代には、人間より先に機械が進化します。それまでに蓄えた知恵や技能は、すぐに時代遅れの、役に立たないものになってしまう。こうなると、熟練、老練というものが尊敬されるどころか、邪魔もの扱いされることになります。
こう考えると、どうも「成熟」ということもなかなかむずかしいということがわかってきました。じゃあどうすればいいのか。けっきょくは、人間もバージョンアップするしかない。何もしなくて、ただ年を取ることがそのまま「成熟」へとつながるような幸福な時代に生きているのではないと思ったのです。果物が時の経過とともに自然と熟するようには「成熟」できない。「成熟」するためには、それなりの意識的な努力が必要であり、それが生涯を通じての「学び」ではないでしょうか。
☆情報・知識・教養
現代は高度情報化社会といわれます。また数年前から知識基盤社会ということばも耳にするようになりました。そして、放送大学はひとつの学部である教養学部、そしてひとつの学科である教養学科から成っています。
この情報、知識、そして教養はどういう関係にあるのでしょうか。
小さなUSBメモリには膨大な情報がつまっています。しかし、そこに知識が満載されているとはいいません。知識とは情報プラスアルファなのです。また知識ある人が必ずしも教養のある人だとは限りません。専門知の持ち主が社会的教養や良識に欠けることはひんぱんに見られます。教養とは知識プラスアルファなのです。では、このアルファとは何か。
情報は整理され、登録され、ひとところに固定されて、倉庫のなかで行儀良く並んで眠っていて、他からの働きかけがあって初めて動きだすものです。それは「眠りの森の美女」のように、目をさましてくれる王子さまをひたすら待っている存在といえるでしょう。この眠る情報を目覚めさせ、活用する能力が備わってこそ、情報が知識へと変容するのです。
しかし、その能力を一体何に使うというのでしょうか。知識は使い方を間違うとおそろしいということは、歴史上の多くの事例が証明しています。そこで登場するのが教養です。教養は知識プラスアルファですが、このアルファとは叡智ではないでしょうか。言い換えれば、人生観や世界観という場合の「観」にあたるもの、すなわち大局的なものの見方。私の若いころの愛読書のひとつは宮本武蔵の『五輪書』です。剣術の奥義を解説した本ですが、そのなかで、武蔵は剣術において相手と対面したとき「観の目は強く」「見の目は弱く」することがたいせつだと説いています。細切れの知識ではなく、「観」に裏付けられた豊かな知見を備えていること、それが教養ではないでしょうか。
☆学びの場所
大学卒業後、一度も社会に出ることなく教員となった私のようなものは、小学校からずっと学校という場所に身を置いていることになります。この学校、そして大学のキャンパスは「学び」にとって特権的な場所だといえます。俗世間に交わらず、社会からある程度隔離されて、教室という空間があり、設備があり、そこに導き手としての教員がいて、ともに学ぶ仲間たちがいます。若い人たちには「学びの場」としての大学キャンパスは不可欠です。まだ学ぶ者として十分自立していないので、キャンパスという外的な枠組みが必要です。
けれども、放送大学で学ぶ人たちは、すでに自分なりの「学びのスタイル」を持っている方ばかりでしょう。自分のペースで、自宅にいて学習できる人です。学びへの意欲や、動機はとても強いものがあるでしょう。みずからの内的な規律にしたがって学びを深めていくことができる、換言すれば大学のキャンパスを内面化した人たちです。
とはいえ、ときにはともに学ぶ仲間たちの声を聞きたいとか、教員から直接指導を受けたい、学習上の困難について相談したいと思われることがあるでしょう。そんなときこそ、役に立てるのが学習センターです。自分自身の「学びのスタイル」を堅持しつつ、ときには他の人たちの「学びのスタイル」からも何かを学びとる。学習センターがそのような場所になれば良いと考えています。

今年の41日より、前任者の三野博司先生の後任として、奈良学習センター所長に就任致しました井上容子です。

前々任校の摂南大学工学部で10年、前任校の奈良女子大学生活環境学部で25年、学生時代を入れると40年以上の間、建築環境工学を専門領域として、光・視環境計画に関する研究・教育に従事してきました。

その間、私にとって放送大学は比較的身近な存在でした。TVチャンネル変えているとき偶然に放送教育が流れてきたり、身近な人たちから放送授業や研修の講師を務めたとか、放送大学で公認心理師やシニア産業カウンセラーの資格を取ったという話を聞いたりしてきました。私自身も放送大学では、2009年から今年度にかけて4回の面接授業を担当し、2019年度は客員教授としてセミナーを担当してきました。

しかしながら、大学の教育理念や運営などとは無縁でした。学部・大学院を通して巾広い専門分野を提供する放送大学において、これまでの私の35年間の研究者生活とは大きく内容の異なる職務に従事することの重責をかみしめつつ、地域に根ざしたより良い学習センターにしていくために、スタッフ一丸となって知恵を絞りたいと考えています。

「教育の根は苦いがその果実は甘い」といわれるように、何時にあっても、学びは喜びをもたらし、可能性という芽を育みます。考える生き物である私達人間にとって、学びは養分であり、人生の営みそのものであるといっても過言ではありません。人生100年、生涯学習が謳われています。放送大学とその学習センターは多様な方々の学びを多様な方法で支援します。

就任して初めて知ったことですが、放送大学では15歳以上であれば誰もが科目履修ができ、所定の単位を取得すれば高校を卒業していなくても18歳以上であれば全科履修生となることができ、学士の資格が取得できます。大学院も博士後期課程まであります。広く門戸が開かれたまさにOPEN UNIVERSITY です。人生における様々な学びのときに、大いに活用して頂ける大学です。このOPENなシステムを、多くの人に伝え、周知のこととしたいと思います。

放送大学の看板である時間的に拘束されない放送授業に加えて、各学習センターでは講師との距離の近い面接授業・セミナー・学習相談を提供し、更にサークル活動・同窓会などの学友との様々な交流の場があります。そして、奈良学習センターは、文化遺産に恵まれた古都奈良という地の利を生かした取り組みを行います。近鉄奈良から徒歩8分、旧鍋屋交番きたまち案内所を通り過ぎて120mほど北の奈良女子大学コラボレーションセンター内にあり、利用しやすい環境が整っています。皆様の大切な学びの場として、奈良学習センターを活用して頂ければと思います。

放送大学奈良学習センター 所長
井上 容子

ページの先頭へページの先頭へ