ホームページ

文字サイズ
放送大学
広島学習センター・福山サテライトスペース

教員紹介

広島学習センターでは、所長をはじめ、13名の教員が皆さんの学習をサポートします。 センター運営の他、面接授業企画・立案・実施、学習相談等を担当しています。
     

藤村 昌彦(ふじむら まさひこ)
客員教員【生活と福祉】

健康を維持することは、個人の生産性と幸福感を向上させる効果があります。また、豊かな人間関係の構築や社会的な参加にも寄与し、幸福感を増大させる要素となります。私は、1965 年の東京オリンピックの4か月後に生まれました。気がつけば、もうすぐ還暦です。気持ちだけでも、若々しくありたいと願う今日この頃です。私は理学療法士として、健康増進に取り組んでおります。活き活きとした生活が送れるように皆様と一緒に考えていきたいと思います。

三根 和浪(みね かずなみ)
客員教員【生活と福祉】

専門は美術教育学です。感じたことや考えたことを形や色彩や材料などで表す表現教育論と、表されたメッセージを形や色彩や材料などから読み解く鑑賞教育論を中心に研究してきました。教師教育論や北欧フィンランドのものづくり教育にも関心があります。幸福を得る福祉装置としてのアートに着目し、その仕組みを理解したり、アート体験を楽しんだり、メディアほか視覚世界のしかけについて考えたりしていただきたいと思っています。

小宮山 道夫(こみやま みちお)
客員教員【心理と教育】

専門は教育史学です。教育に関する事象を歴史学により明らかにする学問です。私は特に日本近代の教育史を研究しています。現在の教育・文化は、私が研究をしている明治期にほぼ原型が形作られました。現代教育の良いところ、悪いところの原点がこの時期にあったと言っても良いかも知れません。
教育は万人にとって必要かつ重要なもので、必ず経験もしてきました。このため誰もが関心を持ち、一家言もありうるものです。しかし史実やデータを根拠とせずに教育を語る事は危険です。教育について、史実に基づきながら一緒に考えてみましょう。

坂田 省吾(さかた しょうご)
客員教員【心理と教育】

専門は学習心理学・生理心理学です。動物にいろいろな弁別学習をさせています。学習をしているときの脳の電気活動を測定しています。特に大脳辺縁系の海馬のはたらきに興味があり、海馬から測定される特異的な海馬θ波を指標として学習との関連を見ています。同じ親から生まれて同じ環境で育てられて同じ課題を同じ方法で行っても、個体によって学習は随分と異なり、多様性を示します。皆さんと一緒に楽しく学習をしていきたいと願っています。

澤田 英三(さわだ ひでみ)
客員教員【心理と教育】

澤田 英三と申します。専門は発達心理学です。研究方法としては、人が生活している現場に趣き、そこでの活動や人-環境との関わりを見させていただいたり、話を聞くといったフィールドワーク(参与観察)を基本としています。以前の客員教員の経験を生かし、また継続しながら、みなさんの生涯学習を支援していけたらと思っています。よろしくお願いいたします。

平野 晋吾(ひらの しんご)
客員教員【心理と教育】

私はこれまで教育学部に所属し、生理心理学を専門領域として睡眠や発達障害について研究をしてきました。
 私たちは普段、周囲の人の目に見える特徴や表出した言動を手がかりに、その人のこころを推定しながら円滑な生活を送ろうとします。その一方で、睡眠などの言動を手がかりにしにくい状態や表出が苦手な人たちの理解も大切です。
 そのための心理学的な考え方や研究法を用いた工夫を皆さんと共有し、学び合いたいと考えています。

中島 健一郎(なかしま けんいちろう)
客員教員【心理と教育】

専門は社会心理学・教育心理学です。主に卒業研究事前支援と公開特別講座を担当します。放送大学の学生のみなさんと同じ時を過ごすことを日々の楽しみにしています。お互いに学ぶ気持ちを大事にしながら、学ぶことができる自身の環境に感謝をしながら、一緒にがんばっていきたいと思っております。これからどうぞよろしくお願いいたします。

権 俸基(クォン ボンギ)
客員教員【社会と産業】

私の専門分野は国際経済学です。貿易の自由化や地域経済の国際化について研究してきました。近年、グローバル化の進展により、為替や国際情勢、グローバルなビジネス環境の変化が私達の生活にも大きな影響を及ぼすようになりました。そして、経済的豊かさと幸せを得るためには、より慎重な選択が必要となっています。身近な経済問題や、私達の選択と効率化がもたらす利益や幸せについて皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

西谷 元(にしたに はじめ)
客員教員【社会と産業】

昨年4月に放送大学の客員教授に就任しました。ニュージーランド、オランダ、米国の大学院に約8年近く留学したのち、広島大学/広島県立大学で国際法/憲法を担当しています。この原稿書いている今現在も、ロシアによるウクライナ「侵略」が続いています。ここには、領土の併合、国家承認、戦争を含む「武力行使」の禁止、国際人道法などの国際法上の論点が含まれます。国際社会におけるルールの理解について、お手伝いできればと思っています。

中田 美喜子(なかた みきこ)
客員教員【情報】

情報教育及び情報技術を利用した教育について長年研究してきました。特にインターネットを利用した遠隔教育・E-learningについては、サーバ構築から教材作成・講義実施を2000年から研究し、高齢者の生涯学習も研究してきました。2020年は研究してきた教育方法を応用し、オンライン教育を全学で実施し学習効果をあげてきました。情報教育及びオンライン教育さらに情報技術の利用について一緒に学習していきたいと思います。

大野 英志(おおの ひでし)
客員教員【人間と文化】

私は、14世紀イギリスの詩人ジェフリー・チョーサーの英語を研究しています。英語の歴史的変遷を踏まえ、600年以上前の詩人が用いた語彙や文法などの表現形式がどのような意味を持つかについて解明を試みています。放送大学では、英語の歴史、つまり英語がどのような過程を経て現代に至ったかについて、主人公である人間そしてその社会の動きに注意を払いながら、皆さんと一緒に考えていけたらと思っております。

勝部 眞人(かつべ まこと)
客員教員【人間と文化】

日本近代史を専門として、地域や人間の営みを研究してきました。現在、歴史学を含む人文学全体が軽んじられる 風潮になっていますが、人間の営みにおいて「知」は大きな軸であり、その構築に人文学も大きく寄与してきたことはまちがいありません。むしろ人文学軽視の現状そのものが、これからの「知」の検討対象なのかもしれません。皆さんが自由な発想で新しい「知」を創造していく、そのお手伝いができれば...と思っております。

三本木 至宏(さんぼんぎ よしひろ)
客員教員【自然と環境】

私は1991年に微生物学・蛋白質科学の分野で農学博士を取得しました。その後、専門を究めるためにイギリスに留学したり、帰国後は経営学を学び中小企業診断士の資格を取ったりしました。最近は、カズオ・イシグロのノーベル文学賞をきっかけにブッククラブを作って、仲間達と翻訳文学作品を読み続けています。放送大学では、多様なご興味を持ち、学び続けていらっしゃる皆様方とご一緒させていただけることが楽しみです。

ページの先頭へページの先頭へ