ホームページ

文字サイズ
放送大学
栃木学習センター

所長ご挨拶

 栃木学習センターは、宇都宮大学峰キャンパス、すなわち、昔、宇都宮高等農林学校があった場所にあります。宇都宮高等農林学校には林学科が設置されていたため、多くの種類の樹木が植えられており、樹木園のようになっています。また、キャンパスのあちこちから、45 kmかなたの日光連山を望むことができ、散策するにはよいところです。

 栃木県の学習センターは1995年の開設ですが、現在使用している建物は、2002年に、宇都宮大学附属図書館の増築と合わせて合築棟として作られたものです。学習センターとして設計されているため、使いやすくできています。また、同じ建物内の宇都宮大学図書館にも、登録すれば学生証で出入りでき、勉強するには便利な環境です。

 このように栃木学習センターは、周りの環境もよく、建物も快適なのですが、1つ難点をあげると、最寄の駅であるJR宇都宮駅から直線距離で1.6 kmも離れていることです。バスがあるのですが、時刻表を見てバス停にならぶと、一向にバスが来ないということも少なくありません。歩くとなると、いろいろなルートがありますが、どれを通っても約2 km、30分ほどかかります。

 学習センターが独自に計画を立てることとして、面接授業があります。栃木学習センターでは、面接授業の計画は客員教員8名と所長で立てています。これは楽しくもありますが、悩ましくもある仕事です。体験的な要素を持つ授業は、面接授業の意義が最もはっきりする授業であり、栃木学習センターでは、いくつもの体験的な授業を実施してきました。しかし、体験的な授業は講師の負担も大きいので、毎年開講してもらうことは難しく、単発的にならざるを得ません。その中で、日光戦場ヶ原で行う面接授業は、宇都宮大学の樹木の専門家と野生動物の専門家に交互に講師を引き受けていただき、8年間にわたって毎年開講されていて、栃木学習センターの名物授業となっています。

 栃木学習センターでは、面接授業を、ほとんど、土曜・日曜の連続開講で実施してきました。しかし、仕事の関係や、家庭の事情で、この日程では受講できない、という御意見もあります。また、2日間連続の4コマの授業というのは講師にも学生にもつらい時間割で、学んだものを途中で熟成させる時間がありません。そこで、担当講師の日程が合致する場合は、土曜と翌週土曜の開講や、連続する4週の平日開講も少しだけ取り入れることを始めています。受講生のアンケートを見ながら、しばらく試行錯誤が続くことになるでしょう。

 栃木学習センターには、8名の親切で有能な事務スタッフがいます。放送大学の学生の方で、困ったこと、分からないことがあったら、まず、事務スタッフに相談してください。また、放送大学の学生となることに興味をお持ちの方は、ぜひ、見学にお越しください。いつでも歓迎します。(月曜日や祝日は閉所日ですので、ご注意ください。)

栃木学習センター所長
井本英夫

この学習センターについて
クイックリンク

関連リンク集

PDFファイルの閲覧には
Adobe Reader」が必要です。

ページの先頭へページの先頭へ