ホームページ

文字サイズ
放送大学
長崎学習センター

学習センター概要

長崎学習センターとは

今日のように変化の激しい、かつ複雑化する社会においては、あらゆる年齢層を通じ、人々の生活課題が多様化し、また文化的欲求が増大しつつあり、教育に対する強い関心や多様な学習意欲の高まりをみせております。
放送大学は、このような生涯学習の時代に即応し、テレビ・ラジオの専用の放送局を開設し、放送等を効果的に活用した新しい教育システムの大学教育を推進することにより、レベルの高い学習の機会を広く国民に提供するとともに、大学教育のための放送の普及発達を図ることを目的として設立されたものです。
東京渋谷学習センターは、所属学生のサポートを目的として開設されており、放送教材の再視聴、学習図書の貸し出し、全ての授業科目の印刷教材(教科書)、DVD、CD等も配架してあります。是非、東京渋谷学習センターで充実した学生生活を送っていただきたいと思います。
東京渋谷学習センターはJR、東京メトロ、東急線、京王井の頭線の渋谷駅から徒歩5分という大変交通の便の良いところに立地しています。

長崎学習センターは、平成4年4月に長崎市内に隣接する多良見町の民間施設を利用し、「長崎ビデオ学習センター」としてスタートしました。平成6年6月に「長崎地域学習センター」に改組、平成10年4月に「長崎学習センター」に改組されました。
平成16年4月に長崎大学文教キャンパスに、大学施設(総合教育研究棟3階部分)を借用して移転し、その後、平成19年5月より長崎大学文教キャンパス内附属図書館の南側に位置する附属図書館との合築棟(4階建 エレベータ完備)に移転しました。長崎学習センターは、3・4階部分全フロア1,093㎡を占有し、講義室2室、視聴学習・図書室、実習室、多目的室、学生相談・保健室、リフレッシュルーム、教材準備室、客員教員室等の充実した施設設備を持った、新しい建物です。
長崎学習センターは、長崎市民の足である路面電車(どこまで乗っても130円)が長崎大学の目の前に停まり交通の便もよく、周りにはたくさんの学校が立ち並ぶ文教エリアにあります。このような場所にある長崎学習センターは、どの部屋も使用目的に応じた設備が整備され、また学生相互の交流もこれまで以上に円滑に図れるように、学生生活環境が整えられています。火曜日から日曜日までの週6日間開所しており、面接授業や放送授業科目の再視聴学習、単位認定試験などが行われています。
このような素晴らしい環境の長崎学習センターには、公務員や看護師の方の割合が全国平均より高く、現在10代から80代までの広い年齢層の学生が約800名在学しています。学校教育を経た後の自己啓発学習・生涯学習の場を提供し、社会人の職業キャリア形成についても支援できる中核的な高等教育機関です。個人的な職業・人生キャリア形成はもちろん企業等における職員研修、公務員や看護師の方々の職業能力向上や資格取得等の職業キャリア形成のための自己啓発学習に有効に活用されています。

在学生データ

在学生の概要

【性別】
性別 学部 大学院
男性 297 20
女性 462 20
759 40
【年齢別】
年代 学部 大学院
10代 6 0
20代 102 4
30代 125 6
40代 163 8
50代 125 12
60代 144 7
70代以上 94 3
759 40
【職種別】
職種 学部 大学院
教員 59 6
公務員等 68 4
会社員等 113 3
自営業・自由業 35 4
農林水産業等従事者 2 0
看護師等 146 7
専業主婦(夫) 52 3
パートタイマー 41 3
アルバイト等 32 2
他大学等の学生 10 0
定年等退職者 80 4
無職 58 2
その他 63 2
759 40
【学生別】
学生種別 学部 大学院
全科履修生/修士全科生 530 12
選科履修生/修士選科生 155 23
科目履修生/修士科目生 61 5
特別聴講生/博士全科生 13 -
759 40

(2019年04月01日現在)

年間行事紹介

卒業証書・学位記授与式

長崎学習センター所属で卒業・修了される方の学位記授与式を長崎学習センターで行っています。
出席頂いた卒業生には、所長からお一人ずつ学位記を授与しています。
原則、9月に卒業される方は9月の最終日曜日、3月に卒業・修了される方は4月の第1日曜日に長崎学習センター内で行っています。

また、毎年3月下旬には放送大学本部が東京渋谷のNHKホールにて学位記授与式を開催しています。開催する年度の9月卒業の方、3月卒業の方が参加することが出来ます。

入学者の集い

長崎学習センターでは、入学者の集い(入学式+オリエンテーション)を4月の第1日曜日、9月の最終日曜日に開催しています。
学長あいさつ(ビデオメッセージ)、所長あいさつ、職員紹介、履修方法、施設利用方法の説明、図書館の利用方法の説明、施設見学、学習相談等を行っています。

また、4月には入学者の集いのあと、入学者、卒業生、在学生、客員教授、職員が集い懇親会を行っています。

学生研修旅行

長崎学習センターが設置された平成4年から、毎年学生相互の交流・親睦を深めるとともに、研修地の歴史・文化等を学ぶことを目的に研修旅行を行っています。
毎年学生と研修先を検討し計画を立て、近年は気候の良い11月に日帰りのバス旅行を実施しています。所長や職員も参加していますので、是非日頃接することのない学友や職員と交流しながら知識や見聞を広げませんか?
見学地・実施日など詳細は機関紙出島10月号発行時・またはHP上でお知らせします。

これまでの研修先:平成30年度「幕末維新記念館」「佐賀城本丸歴史館」「厳木・環境芸術の森」等 平成29年度「泉山磁石場」「九州陶磁文化館」等 平成28年度「キューピー鳥栖工場」「佐野常民記念館」等 平成27年度「株式会社エフピコ」「九州国立博物館」等 平成26年度「八丁原地熱発電所」「女子畑発電所」等 平成25年度「石橋美術館・庭園」「アサヒコーポレーション」「青木繁旧居」等 平成24年度「篠栗南蔵院」「田川市石炭・歴史博物館」 平成23年度「鷹島歴史民俗資料館」「モンゴル村」「旧高取邸」等 平成22年度「味の素工場見学」「柳川にて川下りと自由散策」等 平成21年度「伊都国歴史博物館」「雷山千如寺大悲王院」 平成20年度「大河内鍋島窯跡」「佐賀大学海洋エネルギー研究センター」「りんご狩り」

文化講演会

学生交流事業の一環として、学生相互の交流や学生生活の活性化を目的に企画しています。
放送授業や面接授業とは違い単位取得にはなりませんが、学問には特にこだわらず、学生が興味をもつ分野や、講師に依頼し講演会を開催しています。毎回好評を得てたくさんの方に聴講頂いています。
日程等が決まりましたら、機関紙出島発行時またはHP上でお知らせします。
この先生に、この内容の講演会を、との希望がある方は事務室までご意見をお願いします。

近年開催した文化講演会:平成26年度「世界遺産登録にむけて~明治日本の産業革命遺産を中心に~:本馬貞夫(長崎市文化財審議会委員)」 平成25年度「“友好交流を支えた・苦難の4000キロ”「朝鮮通信使の道」:仁位孝雄(NPO法人長崎市美術振興会理事)」 平成24年度「江戸時代の長崎の制度と町人の暮らし:原田博二(長崎史談会会長)」 平成23年度「孫文と梅屋庄吉との関わり:平岡隆二(長崎歴史文化博物館 主任研究員)」 平成22年度「ケアの学としての死生学:内村公義(ウエスレヤン大学 教授)」 平成21年度「ユング心理学と錬金術:池田紘一(長崎外国語大学 学長)」 平成20年度「フロイトとユング:池田紘一(長崎外国語大学 学長)」

長崎学習センター 文化祭

平成28年10月9日、長崎学習センターの第2回文化祭が開催されました。学生をはじめ、たくさんの一般の方々にもお越しいただき、大盛況のうちに終了いたしました。

今回のテーマは平成22年の第1回に引き続き、『近代日本の夜明けは長崎からPartⅡ』。午前中には笑いヨガ、長崎学習センター東條正所長(長崎大学名誉教授)による公開講演「三菱財閥の形成と長崎」、午後からは英語サークルによる「英語で歌おう」、長崎大学落語研究会による落語・漫才が行われました。また、1日を通しての催しとしては、無料の書籍バザーや展示コーナー、喫茶コーナーが設けられました。展示コーナーでは放送大学附属図書館所蔵のちりめん本コレクションや長崎大学附属図書館所蔵の明治期日本古写真コレクション、同窓会や各サークルの活動紹介コーナーや学生の趣味等の作品も展示されました。

当日は心配された天気も回復し、放送大学マスコットキャラクターのマナピーも登場し、とても楽しく有意義な文化祭となりました。

ページの先頭へページの先頭へ