ホームページ

文字サイズ
放送大学
新潟学習センター

教員紹介

新潟学習センターでは、所長と6名の客員教員がセンターの運営、学習相談等に当たっています。また、全教員が各々学習のテーマを設定した勉強会を指導しています。
     

新村 末雄(にいむら すえお)
所長・特任教授 / 学習センターの運営総括 / [専門分野:発生生物学]

発生生物学

羽鳥 理(はとり おさむ)
客員教授 / [専門分野:関数解析学]

白紙を透明なOHPシートにコピーします。あらためて白紙の上にコピーしたOHPシートを重ねてみましょう。少しずらすと、あれ!なんか不思議な模様が観えますね。白紙をコピーしたんだから何も見えないはずだ!理屈は言わないでください。心眼をもってすれば、はっきりと観えます。この勉強会では、数学を用いてこの模様の正体を探りたいと思います。予備知識は必要ないです!?

堀 竜一(ほり りゅういち)
客員教授 / [専門分野:日本近代文学]

日本近代文学の文学作品を読みます。まずは対象を太宰治の文学作品に絞り、小説を読み進めながら、太宰治の世界観を堪能します。あわせ、文学とは何かを考えていきます。

工藤 久昭(くどう ひさあき)
客員教授 / [専門分野:核・放射化学]

CO₂と地球温暖化、脱炭素社会の目指すところなどについて考えてみる。

パソコンの勉強会及び学習相談では、パソコン操作を学んでみよう。

本間 恵美子(ほんま えみこ)
客員教授 / [専門分野:社会心理学・臨床心理学]

社会心理学の中でも人間関係に関連する部分をテキストを読み、ディスカッションしながら考えていきます。

根岸 睦人(ねぎし むつひと)
客員准教授 / [財政学]

政府は公共サービスを提供し、その財源を租税などで調達します。この活動が「財政」であり、この勉強会での学びの対象です。「財政」は私たちの経済・社会にどのような影響を及ぼしているのか、また、現在どのような課題に直面しているのか、新聞記事などを材料に皆で考えていきます。

ハドリー 浩美(はどりー ひろみ)
客員准教授 / 【専門分野】英語教育学

『ローマの休日』は1953年の公開以来、今なお世界各地で上映され続けています。比較的やさしい英語が使われていますので、注釈つきの脚本を読みながら、日常でも使える表現をいくつか学びましょう。無名の新人だったオードリー・ヘップバーンのクリアでチャーミングな英語が聞けるのも魅力です。

関島 香代子(せきじま かよこ)
客員准教授 / 【専門分野】看護学

人生100年時代、日本は、健康寿命と実際の寿命との差が大きいと言われ、健康で楽しく生きることが求められています。身体は年を経て変わりつつあり、健やかであるための心がけやコツ、ケアがあります。身近にある出来事や新聞や雑誌の記事などを材料にして、「健やか」に向けた看護を学生のみなさんと考えていきます。

ページの先頭へページの先頭へ