ホームページ

文字サイズ
放送大学
新潟学習センター

會津八一と北大路魯山人

 東洋美術史の研究者で歌人の會津八一と、美食家や陶芸家として名高い北大路魯山人が、「書」の分野においてライバル関係にあったことは、あまり知られていない。會津は魯山人の2歳年長なので二人は同時代を生きた芸術家といえ、ともに傲岸不遜として知られながら、良寛の筆跡を愛するなど共通点も多い反面、作品に現れた主張には大きな違いがあった。二人の対立のきっかけやその後の顛末、また共通の友人であった陶芸家・川喜田半泥子との交友にも目を向けながら、二人の芸術の特質を際立たせてみたい。

        
種別 公開講演会
講師 新潟大学教育研究院 人文社会科学系 准教授 角田 勝久
開催日時 2022年11月6日(日)14時00分~15時30分
場所 新潟県立生涯学習推進センター
(新潟市中央区女池南3-1-2)
定員 未定

お申し込み方法

申込先:放送大学新潟学習センター

電 話:025-228-2651

※申込受付開始日 10月6日(木)

一覧ページへ戻る

ページの先頭へページの先頭へ