ホームページ

文字サイズ
放送大学
岩手学習センター

所長ご挨拶

岩手学習センター生態学事始め

学習センターのあるここは、北上川がつくった何段かの河岸段丘の上位にあり、古くから水田が営まれたことから上田と呼ばれ、下位の段丘には下台などの名称があります。上田の丘は、巨木の林立で知られる岩手大学キャンパスとなっており、各所の重層な緑地は北上川河畔と西方の北山丘陵を結ぶ、緑の回廊を形成しています。学習センターの周りには、文学、思索、芸術の小径がたくさんあります。

学習センターは岩手大学図書館の3階、4階と言ってしまいますが、建物は岩手大学と放送大学の合築ビルですので、図書館に間借りしているわけではありません。学習センターと大学図書館が一体化していることは、学術情報探しはもとより、互いのイベント参加、また学生活動のうえでも大きなメリットとなっています。フレッシュな岩手大学1年生と放送大学岩手学習センター新入学生の老若男女が行き交う空間は、たいへん明るく和やかです。

3階に上がると、すぐそこが学習センターの事務室です。事務長以下、7名の女性スタッフが居て、学生の履修計画、教材や学習方法の相談、勉強会・サークル活動の支援など、優しく丁寧に応対しています。話はそれますが、皆さま、高校時代はどんなだったでしょうか。私は、時間に余裕がなく閉ざされた感じを思い出します。でもそんななか、どこも同じだと思いますが、生徒会室や、新聞部とか放送部とか文化系クラブなどの部室は、にぎやかで楽しそうで自由な雰囲気がありましたよね。当センター事務室は、そんな感じのするところです。

  • hpモニュメント.jpg
  • hp事務室.jpg

岩手学習センター
橋本 良二

ページの先頭へページの先頭へ