ホームページ

文字サイズ
放送大学
福島学習センター・いわきサテライトスペース

教員紹介

福島学習センターでは、所長以下、客員教授5名の計6名の教員が勤務しています。学習相談やゼミを担当しています。
     

千葉 悦子
専門分野:社会教育学・農村社会学・ジェンダー論 / 福島学習センター所長 福島大学名誉教授

 前任校での副学長在任時には、附属図書館長を兼任し、図書館が知の集積という従来の役割だけでなく、アクティブ・ラーニングの機能を充実させ、知の交流が生まれる場となるよう、とくにラーニングコモンズの拡充とゾーニングに力を入れました。

 また、原発事故により避難を余儀なくされた女性たちをつないで農産加工販売などの仕事おこしを目指す「おかあちゃん」たちの支援なども行ってきましたが、困難に抗いながら、食と農の再生を目指そうとする彼女たちの行動する力に、逆に励まされることもしばしばです。

 学習センターでは、こうした経験なども活かした所長ゼミ等を計画したいと思います。

山田 紀浩
専門分野:韓国行政学 / 東日本国際大学経済経営学部教授

いわきサテライトスペースの客員教員です。日頃は韓国の市民社会の動向を注視していますが、地域活動にも関心が強く、震災後には復興プロジェクトにも幾つか参画させていただきました。震災からの復興はまだまだ途上ですが、風評被害の問題では特に韓国は日本国内以上に強くなってしまいました。メディアという近代国家が制定した国境以外での壁もありますが、市民レベルでの克服についても議論したいと思います。

會田 容弘
専門分野:考古学/郡山女子大学短期大学部教授

 會田容弘と申します。小学生の頃から石器や土器を集めるのが好きで、それが高じて考古学を学び、仕事にしてしまいました。本務校では女子学生を引き連れ会津若松市笹山原遺跡の発掘調査を毎年継続していましたが、20年目の昨年はコロナ禍で断念。等身大の過去の人間行動を追及する「猪苗代湖畔の考古学」が研究テーマです。

樋口 良之
専門分野:システムモデリングと解析 / 福島大学共生システム理工学類教授

産学官で就業してきた私は、産業界や公共の課題解決に強い関心を持って研究しています。「専門は何?」と聞かれると困ります。課題解決のために、データ分析、合理的なモデルの検討、モデルを再現するシミュレーションと結果の評価などをしています。課題解決のために、自分の技術のみならず、必要であれば、新しく創造された技術、理論などを修得し、応用するのが大好きです。いつか、みなさんと課題解決ができたら嬉しいです。

福冨 靖之
専門分野:理論言語学・比較統語論 / 福島大学経済経済経営学類教授

 福冨靖之と申します。専門は言語学で、日本語と英語の比較対照を研究しています。日本語と外国語の比較対照の面白さは、それが人間言語の「現象としての多様性」と「仕組みとしての普遍性」を同時に明らかにしてくれるところにあります。日本語と英語のように、非常に異なるように見える言語も、実は同じ仕組みで成り立っているのです。この言語観が「人間である以上、どんな言語でも修得できる」という私の言語学習・言語教育の基盤をなしています。

大黒 太郎
専門分野:政治過程論 比較政治学/福島大学行政政策学類准教授

 福島大学の大黒と申します。ドイツ現代政治が専門ですが、地方大学の教員として、学生とともに地域にでることをとても大切にしています。特に震災後は、「学生×飯舘村の住民のみなさん」で面白くなるプロジェクトをいろいろと実施し、ここ3年ほどは、高齢の村民の方々にインタビューしてその「自分史」をまとめてきました。来年度は、「いいたて村民食堂」など新たな事業に取り組みます。

「町石道」と呼ばれる古くからの参拝道を歩いて高野山にのぼるのを趣味にしています。

ページの先頭へページの先頭へ