ホームページ

文字サイズ
放送大学
福岡学習センター・北九州サテライトスペース

教員紹介

現在、福岡学習センター・北九州サテライトスペースには客員教授等の先生がいます。学習相談も受けつけておりますので、ご希望の方は事務室までお申し出ください。
     

針塚 進
客員教授

専 門:臨床心理学
相談日:第2・4金曜 午後
学生への一言:色々な事情があるでしょうが、少しずつでも続けてください。

藤村 直美
客員教授

専 門:情報工学
相談日:第1・3土曜午後
学生への一言:これまで、40年以上、コンピュータやネットワークの研究や教育に関わってきました。ICT(Information and Communication Technology)を活用した教育を推進するために、何時でも、何処でも、自分のペースで学習できる環境の重要性を感じています。世界中の人達がOER(Open Education Resources)を活用して必要なだけ幅広く学べると良いと思っています。

太田 一昭
客員教授

専 門:英文学(16~17世紀イギリス演劇、シェイクスピア)
相談日:第1・3水曜 午後
学生への一言:長年英語と英文学の研究と教育に携わってきました。英語も英文学も骨が折れますが、学生のみなさんといっしょに学べるのが楽しみです。質問はどうぞご遠慮なく。大歓迎です。

土井 政和
客員教授

専 門:刑事法学
相談日:第2・4水曜 午前
学生への一言:皆さんも裁判員となり、具体的な事件について事実認定や刑の量定にも関与する可能性があります。しかしながら、私たちの犯罪に関する知識やイメージは間違っているかもしれません。それに挑戦し、新たなる理解を得る経験を増やしていきましょう。

高山 倫明
客員教授

専 門:日本語学
相談日:第1・3金曜 午前
学生への一言:放送大学についてはほとんど予備知識を持っていませんでした。これからしっかりとその仕組みを学び、みなさまの学習に少しでも貢献できたらと思っています。

山口 裕幸
客員教授

専門:社会心理学、産業・組織心理学
相談日:第2・4火曜日 午前
学生への一言:集団で生活したり活動したりする場面で、不思議に感じたり、難しいなと感じたりすることの中に、社会心理学の面白い研究の種が宿っていることがあるものです。皆さんの好奇心に応えられるように私も微力を尽くしたいと思います。

宮本 敬久
客員教授

専 門:食品衛生化学、食品微生物学、食品保蔵学
相談日:第2・4火曜 午後
学生への一言:実験をして出た結果や観察結果について「なんでそうなるの?」を考えることは楽しいです。なんとなく分かっていそうで実は良く分かっていないことが自然界にはまだ、たくさんあります。新しい発見にあふれています。楽しく学びましょう。

中島 英治
客員教授

専 門:構造材料物性学
相談日:第1・3水曜 午後
学生への一言:私たちの身の回りにある構造材料、たとえば、自動車用の材料などの強さの源を解明し、自分自身が心と体を強くしたいと日々、精進しております。でも、なかなか、大変ですね。

永田 晃也
客員教授

専 門:科学技術政策、技術経営
相談日:第2・4金曜 午後
学生への一言:これまで放送大学で学んだ経験を持つ方々との接点を通じて、そこには常に学びの喜びがあるというイメージを持ってきました。それ故、客員として参加できることを大変光栄に思っております。

橋口 暢子 
客員教授

専門:基礎看護学、人間工学
相談日:第3土曜日 午前
学生への一言:私も社会人経験しながら大学院に通っていた時代があります。その時の友人や先生方と出会いが今の私の基盤となっているように思います。みなさんも、放送大学で、様々な分野において学びを深め、出会いを大切に頑張ってください。

池田 浩
客員准教授

専 門:社会心理学、産業・組織心理学
相談日:第1・3木曜 午前
学生への一言:昨年まで6年間、組織心理学や心理統計などの面接授業を担当させて頂きましたが、受講者の皆さんの学ぶ意欲にはいつも刺激を受けてきました。これから客員教員として皆さまと関わる機会を頂き大変うれしく、また楽しみに思っています。

菊池 悌一郎
客員准教授(北九州)

専 門:臨床心理学
相談日(北九州):第2・4水曜 午後
学生への一言:学ぶことは、自分の可能性に気づき、広げることになります。良い教師や書籍との出会い、そしてなによりも好奇心を持ち続けることが大事なのだと思います。

ページの先頭へページの先頭へ