ホームページ

文字サイズ
放送大学
愛媛学習センター

教員紹介

愛媛学習センターでは、所長と8名の客員教員が皆さんの学習をサポートします。学生の抱えている修学上の様々な問題についてお答えする学習相談や、学生・一般の方向けの「公開講演会」を担当しています。お気軽にご参加ください。なお、「学習相談」の日時は変更されることがありますので、相談を希望される方は、事前に事務室窓口にお問い合わせください。
     

加藤 好文(かとう よしふみ)
放送大学愛媛学習センター所長

専門分野:アメリカ文学・文化

自己紹介:愛媛出身の私は、最初の6年間を九州の大分大学に勤務した後、幸いにも母校の愛媛大学に呼んでいただいて勤めること32年を経て、2018年3月に定年退職しました。その間の2006年から3年間は愛媛学習センターの客員教員を務め、またその前後にも「面接授業」を何度か担当させていただいたので、この度再びセンターとのご縁をいただいたことを嬉しく思っています。専門はアメリカ文学・文化で、中でも『怒りのぶどう』や『エデンの東』などの著者で知られる20世紀作家ジョン・スタインベック研究をライフワークとしてきました。併せて最近は、日本からアメリカへの移民の歴史文化にも注目しています。世界情勢が混沌としているように見える現在、アメリカの文学・文化伝統に目を向け、その風土や歴史を肌で感じた旅を振り返り、改めてアメリカの「多様性」から発せられる光と影の強烈さに思いを馳せているところです。

メッセージ:放送大学では、学生の皆さんが少しでも良い環境で学ぶことができるよう、客員教員(8人)、事務職員(8人)が一丸となって日々努力しています。学習の進め方や目指す方向など、修学上の様々な相談に応じています。気軽にお声かけください。大歓迎です。

岡野  大(おかの だい)

専門分野:数値解析、計算科学

自己紹介: 2019年度より客員教員に就任いたします。私は愛媛大学理工学研究科にも所属しており、数値解析や数理計画法、最適化法等の授業を担当しています。研究の専門分野は数値解析・計算科学です。数値解析は、具体的な数をどれだけ正確に計算できるのか、正確に計算するための新しい方法を考えるようなことを目標として取り組む数学の分野です。現在では、多くの計算がコンピュータと呼ばれる電子計算機によって実行され、生活の様々な場面で役立てられています。コンピュータは単純な計算を繰り返し・速く実行することはできますが、その結果は必ずしも正確ではありません。その原因の多くはコンピュータの計算が桁数の限られた有限桁の計算であるからです。実際のヒト・モノからなる社会や自然に関わる数学は無限に大きな、あるいは無限に細かい数値を前提としています。数値解析は、コンピュータの有限な計算と現実社会の無限な数学との橋渡しをする学問分野でもあります。数値解析あるいは計算科学に取り組み、数学の産業や社会への応用を通じて生活・文化を豊かにすることに役立てたらと考えております。

メッセージ: 放送大学では、幅広い年齢層の様々な経歴をお持ちの方々が学ばれていることは存じておりました。実際に、授業等で関わってみると、様々な目的・目標を持つみなさんが、一様に熱心で、意欲的に学ばれている姿を知ることができました。このような素晴しい学びの場に携り、お手伝いをさせていただくことをうれしく思います。是非、一緒に勉強させてください。

城戸  茂(きど しげる)

専門分野:教育学

自己紹介: 2021年度から客員教員に就任いたしました。私は、公立学校教員を20年間、教育委員会の指導主事を7年間、文部科学省教科調査官・総括研究官を4年間務め、学校現場や教育行政の経験を生かしながら大学での教員養成に取り組んでいます。専門は教育学で、現在、教員を目指す学部生のほか、小・中・高等学校の現職教員の方々と学部卒業生が共に学ぶ大学院教育学研究科(教職大学院)というところで、生徒指導や特別活動に関する講座を担当しています。これからの教育においては、自分の価値を認識するとともに、相手の価値を尊重し、多様な人々と協働しながら社会の変化に対応しつつ様々な課題に柔軟に対応していく資質や能力を、学校・家庭・地域が連携を図りながら育成していくことが求められています。こうした教育の在り方について、体験活動の側面からアプローチしていきたいと考えています。

メッセージ: これまで、何度か放送大学の講座でお話をさせていだく機会がありました。幅広い年齢層の方々が受講されていますが、年齢に関係なく、学ぶことに対する熱意を持たれた方が多く、共に学ぶことの楽しさを私の方が教えていただきました。学びに対する熱意と様々な経歴をもった幅広い年齢層の方々が集う放送大学の強みを生かしながら、豊かな学びの輪を広げていきましょう。

相模 健人(さがみ たけと)

専門分野:カウンセリング、教育相談

自己紹介: 2019年度より客員准教授の形で関わらせていただきます。平成13年度から愛媛大学教育学部に勤め始め、学部では教員志望の学生さんに教育相談、カウンセリングを教えて、大学院ではカウンセラー志望の院生さんに心理療法を教えるといった二重生活(?)を続けております。カウンセリングの専門は解決志向ブリーフセラピーといって、問題がある中でもほんのちょっと出来ているところ(例外)や問題がなくなった状態をイメージしてもらうこと(解決像)で少しずつ解決を築き上げていきます。また家族療法など集団を対象としたカウンセリングも行っています。またスクールカウンセリングの中で授業を見せていただいて子どもさんの授業を受けている姿を褒めたりねぎらったりする(コンプリメント)ことを通じてよいクラスを目指す活動(WOWWアプローチ)も行っています。自らのリソースを活かしてみなさんもよりよい解決像を目指してみてください。

メッセージ: 心の専門家の国家資格である公認心理師が今年度から本格的に始まります。心の問題は年々複雑になっていますが、実習を踏まえたカウンセリングの学習は驚くほど楽しかったりします。みなさんも放送大学で楽しく、役立つ知識を身につけていってください。

高橋 千佳(たかはし ちか)

専門分野:第二言語習得理論

自己紹介:2021年度より客員教員に就任いたしました。専門は第二言語習得理論で、特に、第二言語、つまり、外国語を習得する際に学習者間の違いを引き起こす心理的要因に興味があります。この分野に興味を持ったきっかけは、NHKのテレビやラジオ英語講座番組制作の仕事をしていた時に、講座で何年も学習を継続する人がいる一方、多くの人はなかなか学習が続かないのはなぜか、疑問に思ったことでした。そして、学習の継続にはどうも「動機づけ」といわれるものが関わっているようだということがわかりました。高い習熟度に達するのに長い時間がかかる外国語学習では、この「継続」という要素が非常に重要です。ただ、学んでいる外国語を使う機会があまりない環境で、特に強制力もないような場合、その継続はなかなか難しいとも思います。動機づけをはじめとして、学習を継続して高い習熟度に達する手助けとなる鍵をいろいろな角度から探しているところです。

メッセージ:外国語の習得は、簡単でないからこそやりがいもあり、学習の成果をコミュニケーションという場で実感することもでき、長い期間取り組む中で学習が楽しいと感じられるのではないかと考えています。出身地の愛媛で、皆さんと一緒に外国語の習得について様々な観点から考察していけることを楽しみにしています。

野田 裕久(のだ やすひさ)

専門分野:政治学(政治思想史)

自己紹介:2020年度から客員教員を勤めています。1959年、大阪市生まれです。1983年に東北大学法学部を卒業、1985年に京都大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程を修了。京都大学法学部助手、愛媛大学法文学部講師、助教授を経て、2000年から愛媛大学法文学部教授です。「現代政治理論」「現代イデオロギー論」ほかを担当しています。最近の著訳書に、『自由の信条/保守の感性 政治文化論集』(2018年)、マイケル・オークショット『リベラルな学びの声』(2017年)など。主たる関心は、自由主義および保守主義の哲学的基礎と歴史的展開の究明です。研究のスタイルは〝人物本位〟型。講義の概要は例えば次の通り―。「自由と秩序」の問題に取り組んだ西洋の思想家を選んで、そ の言説の意味を解き明かす。(およそ17世紀から19世紀までの)古典からジョン・ロック、デヴィッド・ヒューム、エドマンド・バーク、アレクシ・ド・トクヴィル、ジョン・アクトン(アクトン卿)を、(20世紀以降の)現代からは、マイケル・オークショット、フリードリッヒ・フォン・ハイエクを取り上げる。別途に、自由主義と保守主義を巡る自説を述べる。―と、このような感じです。政治を考えるという営みには人間万般に渡る知見が要求されるのだとばかり、固有の専門分野を超えての領域にも関心が多々あります。良く言えば幅広い、悪く言えば取り散らかった〝学風〟でしょうか。

メッセージ:人間世界への興味はそのまま政治への興味でもあります。また政治への関心はそのまま人間世界への関心ともなります。ともに学び、ともに考え、ともに論じ合いましょう。

野本 百合子(のもと ゆりこ)

専門分野:看護学

自己紹介:2017年度から客員教員に就任しました。私は看護学を専門としており、看護教育学、基礎看護学を専攻しています。看護師として臨床経験の後、看護職者の養成教育や既に免許を取得した看護職者の継続教育に携わっています。教育の対象となる人たちは、皆、成人であり、子どもを教育する時とは異なった視点を必要とします。そのことを前提に、大きな変革期を迎えている医療現場を支える人材を育成するために、成人を対象とする教育のあり方や看護学の過去と未来を考えたりしています。また、人間が「健康に生きる」ことにも強い関心があります。「健康に生きる」ためには、看護職者として人間をどのように理解できるのかも考えています。 生涯、医療や看護と無関係という人は、まず存在しません。医療や看護の現場が、どのようにあれば、私たちが健康に生き、自分らしい最期を迎えることができるのか、皆さんと共に考えていきたいと思っています。

メッセージ:「学ぶ」とは、どういうことを意味しているのでしょうか。私は、単にいろいろな知識を得ることだけでなく、これまでの知識や経験と新たな知識や経験を照らし合わせたり、つなぎ合わせたりすることを通して、新たな発見をすることではないかと考えています。皆さんとの新たな出会いを通して、私も学び続けたいと思っています。共に学んでいきましょう。

松枝 直人(まつえ なおと)

専門分野: 環境保全学 無機・物理化学

自己紹介: 2021年度から客員教員に就任いたしました。農学部の環境保全学コースに所属しています。物理化学から土壌学、粘土鉱物学を経て、現在は、途上国貧困層の飲料水の浄化に取り組んでいます。日本では蛇口を捻るだけで安全・安心・安価な水が出てきます。一方、途上国では水不足に加え、毎年およそ100万人が飲料水の汚染によって命を落としており、そのほとんどが乳幼児であるとされています。ヒ素・水銀・鉛などに加え、糞便性大腸菌などの病原微生物による汚染が広範かつ深刻です。日本などの先進国では科学技術とインフラによってこれら汚染物は容易に除去できますが、途上国貧困層の人々は、それらの恩恵に与ることができていません。そこで、物理化学・土壌学・粘土鉱物学の知識を活用して、家庭で子供でも使える安価な浄水ツールの開発に取り組んでいます。放送大学では、「化学」や「土」、「水」、「浄水技術」についてご紹介させて頂く予定です。

メッセージ: 私などよりもはるかに人生経験豊富な方々のお役に立てるかどうか、たいへん不安に思っています。他方で、自身の研究テーマを様々な分野、立場、経歴の方々にご紹介することで、全く新しいものの見方ができたり、思いがけないヒントを得たりするのではないか、との期待もあります。いろいろと学ばせて頂ければと思います。

渡部 保夫(わたなべ やすお)

専門分野:生化学 食品化学

自己紹介:2019年度から客員教員に就任いたしました。専門は生化学です。愛媛大学農学部で、生物化学や食品保存学などを担当しています。研究初期では、黎明期の遺伝子組換え技術を習得し、遺伝子クローニングや遺伝子破壊などの技術を利用して酵母の耐塩性機構の研究を行いました。また、遺伝子発現技術により調製したリン脂質分解酵素を用いてその逆反応によりリン脂質を合成する技術を開発しました。別に、愛媛県の特産品であるハダカムギを利用した地域連携活動として、地元企業者や地方公共団体などと、この大麦の利用拡大を目指して、機能性を付与した食品の開発製造を行なっており、ハダカムギが持つ酵素を利用した多機能性アミノ酸、γアミノ酪酸(ギャバ)の効率の良い製造方法やギャバ食品の開発であり、また、特徴的にハダカムギがたくさん含有している水溶性食物繊維βグルカンを利用した機能性食品の製造などを行なっています。現在進行中のこれら研究を含めて、いろいろな機能性物質をうまく摂取することで健康的に生活するためのコツをご紹介できれば、と考えています。

メッセージ: 物の見方には、いろいろな視点があるでしょう。生化学者は、小さな分子、物質の構造や機能を知り、それらの有機的な繋がりから、生命を理解しようとします。栄養素として取り込んだ化学物質も、遺伝子の指令に従って、私達の体に備わっている酵素という触媒の作用で改造され、そのようにして作られたいろいろな高分子の化合物が私達の体を形作っている。この素晴らしい人体の化学反応も、老化とともに不完全になるようで、いろいろな箇所で問題が起こってしまう。この老化をうまく回避できる術があるかもしれません。いろいろな知識を吸収するために、みなさん一緒に学んでいきましょう。

ページの先頭へページの先頭へ