ホームページ

文字サイズ
放送大学
愛媛学習センター

所長ご挨拶

村上研二前所長のあとを引き継ぎ、2019年4月から新しく愛媛学習センター第7代所長に就任しました加藤好文です。どうぞよろしくお願いいたします。愛媛学習センターは1995年(平成7年)4月に愛媛大学図書館内に設置され、2003年(平成15年)8月には現在の建物が完成しました。センターには、放送教材や図書等が充実した視聴学習・図書室、講義室、パソコン実習室、多目的室、学生交流スペース等が整備され、この恵まれた環境の中で、センター開設当初の281名から、現在では約1000名の学生さんが、互いに交流しつつ、自由に楽しく学んでいます。

放送大学のすべての授業は、履修開始から単位修得まで、一つの学期(6か月)で完結するシステムになっています。インターネット配信やDVD・CD等も含めた放送の視聴と印刷教材による学習を組み合わせて行う「放送授業」、スクーリングと呼ばれる「面接授業」、それに「オンライン授業」の3つの形態によって行われます。その最大の特徴が「自分のペースで学べること」と「目的に応じて、在学期間や科目を選択できること」なので、これらの仕組みをよく研究・理解して学んで欲しいと思います。また、センターの客員教員が学習上の種々の相談に応じる「学習相談」そして興味深いテーマを分かりやすくお話しする「公開講演会」、さらには学友同士が親しく交流する「サークル活動」なども盛んですので、これらも上手く利用して、有意義で実り多い学生生活を過ごしていただきたいと思います。愛媛学習センターの教職員は全力で皆さんの学生生活をサポートいたします。 皆さんが、この恵まれた学習環境の下、心身ともに健康で、良き友に巡り合い、良き師に恵まれて、豊かな道を切り拓かれることを心より願っています。

愛媛学習センター所長
加藤 好文

ページの先頭へページの先頭へ