ホームページ

文字サイズ
放送大学
奈良学習センター

2021年5月 ゼミナールのお知らせ

          

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、緊急事態宣言が4都府県に発出されました。この期間中のゼミナール及び学習相談については、次のとおりになります。

《ゼミナール》

受講対象者は、奈良学習センター所属で奈良県在住の方、京都府木津川市および相楽郡精華町在住の方

対面式の場合は定員20名。先着順。

今後の状況によりゼミナールを閉講、または、実施方法の変更が見込まれます。定期的に奈良学習センターのホームページをご確認ください。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

~受付を終了したゼミナールのお知らせ~

5月14日(金)更新:内藤先生のゼミナールは定員を満たしたため受付を終了いたしました。

5月21日(金)更新:奥村先生のゼミナールは定員を満たしたため受付を終了いたしました。

杉本 一樹 先生   5月6日(木)14:00~15:30 Z308講義室    

テーマ

正倉院文書に近づく(2)

 正倉院文書の現状を紹介する。写真・資料を見ながら、江戸時代幕末期に始まり、明治に至る正倉院文書の整理作業と、その功罪について説明する。

池原 健二 先生   5月7日(金)13:30~15:30 Z308講義室 

テーマ

GADV 仮説から見た「生命とは何か?」-2

 生命は約40億年前に原始地球で誕生し、それ以降さまざまな進化を遂げ現在の姿に至っています。どのようにして進化し現在に至っているのかを考え、その進化過程からこれまでの遺伝子中心主義に立脚する考えとタンパク質中心のGADV仮説から見える考えとを対比しながら生命の本質について皆さんと共に考えたいと思います。

井上 容子 所長   5月11日(火)10:00~11:30 Z308講義室  

テーマ

色について考える(8)光の性質

 普段、周囲に光があり、光によって照らされているということはあまり意識しません。光を意識するのは、光源を直接見た時や、スモークを焚いた舞台でのスポットライトや影を見た時などです。光は周囲を明るくすると同時に、色を感じされてくれます。この光の持つ様々な性質と、それによって生じる視覚現象について紹介します。

生田 周二 先生   5月12日(水) 14:00~15:30 Z308講義室   

テーマ

子ども・若者支援と教育(2):支援とケア

 支援と福祉・ケアの関係について、基本的にケアは家庭における介護や世話を含め広く用いられる概念です。そのケアをより仕組みとして制度化したのが支援といえます。こうした点を、福祉の領域から関連する論文を読みながら考え合います。

宮川 久美 先生   5月14日(金) 10:30~12:00 Z308講義室  

テーマ

正倉院文書を読む(7) 善意が書写した 大般若経の願文を読む

 太宰府に流された玄昉が空中に舞い上げられ、その頭部の落ちたところが高畑町の「頭塔」、肘の落ちたところが「肘塚」だという話は有名です。悪僧とのイメージが強い玄昉ですが本当はどうなのでしょう。師 玄昉の一周忌に弟子の善意が大般若経600巻を 書写しました。その願文を通して弟子から見た師 玄昉に迫ります。

中澤 隆 先生   5月18日(火)10:30~12:00 Z308講義室

テーマ

タンパク質の構造と生体機能

 タンパク質が生体内でどう機能するかは、その立体構造によって決まる。ところがタンパク質の設計図といえる遺伝子にはアミノ酸の配列しか書かれていないので、いくら遺伝子を調べてもタンパク質の立体構造も機能もわからない。それでも遺伝子が指示する通りにアミノ酸をつなげると、機能を発揮する分子ができあがる。

中島 道男 先生   5月19日(水)10:30~12:00 Z308講義室

テーマ

社会学のメガネをかける(7)ダニと人間はどう違うか

 社会学にはじめて接する人向けの講義。身の回りの現象を取りあげながら、社会学の考え方を説明する。社会学の道具箱のなかにはどんな道具があるか、社会学のメガネをかけるとどう見えてくるか。

 今月はその(7)――「ダニと人間はどう違うか」三つの感覚しか持たないダニの世界はみすぼらしいが、そのかわり確実な世界であ
る。意味の世界に住んでいる人間は、ダニと違って大きな間違いを犯す。

菊﨑 泰枝 先生   5月25日(火) 14:00~15:30  Z308講義室  

テーマ

おいしさの科学「食べ物のおいしさは何で決まるのか?」

 本ゼミナールでは、「食べ物のおいしさは何で決まるのか?」について食品側と人の側からその要因を解き明かしていきます。
第二回目は、食べ物のおいしさを決める要因をいろいろな視点から皆さんと一緒にいろいろ考えていきます。また、おいしさを評価する
「官能評価」の方法と特徴についても紹介します。

奥村 由美子 先生   5月27日(木) 9:40~11:10 Z308講義室   

テーマ

高齢社会への変遷と老年臨床心理学

 日本は今や超高齢社会となり、健康に年を重ねることが大切な課題です。

加齢や高齢期にかかわる研究や支援は様々な専門分野により行われ、心理学が果たす役割にも大きな期待が寄せられています。
ゼミナール第2回からは、臨床心理学の中でも、加齢や高齢期における理解や支援について、心理学の立場からお話しします。

内藤 栄 先生   5月28日(金)14:00~15:30 Z308講義室  

テーマ

法隆寺の美術と飛鳥時代の寺院

 日本に仏教が伝わり最初に花開いた仏教美術が飛鳥美術です。飛鳥時代は前期と後期(白鳳期)に分けられますが、前期の精華が法隆寺です。この授業では法隆寺を中心に飛鳥時代前期の美術を概観します。

※ゼミナールの日程は、本務大学の関係で変更になる場合もありますので、随時ホームページまたは掲示板でご確認願います。

【申込方法】

受講申込受付期間内(案内周知以降~開催日2日前)に事務室窓口に設置している、『ゼミナール受講申込用紙』に必要事項をご記入の上ご提出いただくか、または電話・FAXでお申込みください。

TEL:0742-20-7870 FAX:0742-20-7871

《学習相談》

宮川先生の学習相談については当面の間、予約制でweb通信システム「Zoom」を利用し、自宅において学習相談を実施して頂けます。なお、学習相談を希望される方は電話でお申込みください。後日、Zoom招待状URLをキャンパスメール(学生メール)アドレスへ送付します。

このお知らせはPDFでも配布しています。
ゼミナール受講申込用紙(R3.4~).pdf()
2021年5月学習相談日.pdf()
2021年5月ゼミナール案内 .pdf()

一覧ページへ戻る

ページの先頭へページの先頭へ