ホームページ

文字サイズ
放送大学
東京文京学習センター

2021年第2学期の面接授業を受講する皆さまへのお願い

          

東京文京学習センターでは、第1学期は、5月除き、基本的に面接授業を対面形式で実施してきました。第2学期についても、感染防止対策を講じつつ、同じように対面で実施する予定です(第2学期開講する授業はこちら)。

ワクチン接種等の効果が徐々に現れているとは言え、感染状況が劇的に好転しているわけではありません。これまでの入構制限と感染防止対策に加えて、教職員に抗原検査を実施し、安全な面接授業を目指してまいります。第1学期と重複しますが、再度以下の感染防止対策をご確認ください。

【1.日頃の体調確認のお願い】

毎日の検温など、常にご自身の体調に十分な注意を払い、少しでも新型コロナウイルス感染症(Covid-19)が疑われる症状がある場合は、速やかに医療機関にご相談ください。ご無理のない範囲で、市販の抗原検査キットのご利用もお考えになってください。

【2.学習センター来館前の体調確認のお願い】

学習センターにお越しいただく前に、必ずご自身の体調を確認してください。少しでもCovid-19が疑われる症状がある場合、医療機関にご相談中の場合、あるいは感染した方と接触した可能性がある場合は、受講の前に、必ず学習センターにお知らせください。ワクチン2回接種後でも、感染し、感染を広げる可能性があることを十分ご認識ください。

【3.受講中の感染防止への協力のお願い】

学習センター内では、三密を避け、感染防止に十分心がけてください。万が一受講中に体調が悪くなった場合は、講師あるいは職員に伝え、直ちにご帰宅ください。これ以外にも、教職員から指示があれば、それに従うようお願いします。受講中の注意事項についてはこちらをご覧ください。

なお、受講に際して、マスクの常時着用(必ず不織布製マスクをご使用ください)をお願いしていますが、それに加えて、フェイスシールドや手袋、個人用の消毒液などを持参していただいて結構です。

【4.電子メール・当学習センターホームページ確認のお願い】

今後の状況の変化により、閉講、日程変更、あるいはWeb授業への切替の可能性もあります。このような変更については、決まり次第、受講生の皆さんに個別にご連絡いたします。また、当学習センターのホームページでもお知らせいたします。電子メールの受信箱や当センターのホームページの頻繁な確認をお願いします。

【5.その他、ご注意いただきたいこと】

開講前に関係者の感染が確認された場合には、面接授業の当日の朝などであっても、直前に休講が決まる場合もあり得ます。その場合でも、来館に要した交通費・旅費・宿泊費等を大学が負担することはありません。予めご了承ください。

履修登録した面接授業について、個別に閉講、日程変更、あるいはWeb授業への切り替えの連絡がなければ、予定どおり対面形式で実施されます。その際、ご自分の体調に十分注意し、けっして無理をしないでください。

もし受講に際してご心配、ご懸念などおありの場合は、どんな些細なことでもかまいませんので、早めに学習センターにご相談ください。

感染防止には受講生や利用者の皆さんのご協力が不可欠です。緊急事態宣言が解除された後も、これまで以上に感染防止へのご協力とご理解をお願いいたします。

2021年9月26日

放送大学東京文京学習センター

一覧ページへ戻る

ページの先頭へページの先頭へ