ホームページ

文字サイズ
放送大学
東京文京学習センター

【所長メッセージ】第1学期を振り返って

          

 2021年度の第1学期が終わろうとしています。ちょうど1年前の2020年度第1学期は、ご存知のように、学習センターで開講される予定だったすべての面接授業が中止となりました。そのときに較べると、東京都における新型ウイルス感染症の状況がむしろより厳しかったにもかかわらず、予定した140科目のうち98科目を実施することができ(詳しくはこちらをご覧ください)、学習センター職員一同、少しほっとしているところです。

その一方で、4月後半から5月にかけての新規感染者数の増加を受け、やむをえず閉講せざるを得なかった面接授業の受講生の方々には、予定していた授業が受けられなかったことに加えて、科目変更や授業料返金の手続きをお願いするなど、たいへんご迷惑をおかけしました。また、日程変更が生じたいくつかの授業では、ご都合の再調整など、多くのご面倒をお願いすることとなってしまいました。

先学期同様、これまで経験したことのない事態でしたが、なんとか対応できたのは、学生の皆さんのご協力があったからでした。感染防止のためとは言え、面接授業の受講や視聴学習室の利用には多くの制約を設けなければなりませんでしたが、それらのルールを真摯に守っていただけたことにより、学習センター内での感染を防ぐことができました。改めて心よりお礼申しあげます。

今後も、科学的で客観的な情報に依りながら、学習センターとしてできるかぎりの対策を講じることにより、皆さんの学びをサポートできるよう、職員一同努力してまいる所存です。どうか引き続き、ご理解とご協力をお願いいたします。

2021年7月28日

放送大学東京文京学習センター所長

林 徹

一覧ページへ戻る

ページの先頭へページの先頭へ