ホームページ

文字サイズ
放送大学
東京文京学習センター

2021年度第1学期の面接授業を科目登録する方々へのご注意

          

【1.開講形態・越境受講について】

東京文京学習センターで開講される面接授業を科目登録する前に、学習センター支援室からの「2021年度第1学期面接授業の科目登録申請にあたっての留意事項」をご覧いただき、受講が可能かどうかをご確認ください。

【2.『面接授業時間割表』(印刷物)の変更について】

『面接授業時間割表』に東京文京学習センター開講分として掲載されている以下の面接授業について変更があります。ご注意ください。

・「ユダヤ人の言語と文化」(担当講師:鴨志田聡子、科目コード:2570327)は閉講となりました。

・「発達科学の巨人たち」(担当講師:岩永雅也、科目コード:2569477)は授業日程が6月12日・13日に変更になりました。

・「臨床心理学実習B」(担当講師:工藤千尋、科目コード:2570610)は時間割が変更になり、5月2日第4限のあとにレポートのための時間(16:35〜17:20)が追加されました。

なお、今後も変更の可能性がありますので、科目登録の前にWAKABAで最新の情報をご確認ください。

【3.主な感染防止策の内容】

東京文京学習センターでは、2020年度第2学期とほぼ同じように、以下の感染防止策を実施する予定です。

・事前に入構票用紙をダウンロードし必要事項を記入して、持参していただきます。

・入館時に、入構票の確認、および体温のチェックをします。

・講義室における定員を、従来の半分以下に抑えます。

・教卓にアクリル板を設置します。また、事務室窓口にもアクリル板を設置します。

・講義室の窓と出入り口を開放し、講義室を常に換気します。

・発熱、味覚嗅覚異常等、Covid-19が懸念される症状がある方の入館を禁止します。

・学生、教職員に、マスク着用と入館時の手指消毒を義務付けます。

・手指消毒用のアルコール溶液を館内数カ所に設置します。

以上の感染防止策とともに、受講する皆さんおひとりおひとりにご注意いただくことで、学習センターでの感染を防ぎたいと思っています。ご協力をお願いします。なお、感染防止策により、以下のような状況となることが考えられます。科目登録をする前に、十分ご検討ください。

・講義室内で、座りたい席に自由に座れない。

・講師の声が通常の場合より聞き取りにくい。

・冷房が作動しているのに、講義室の中が暑い。

・他の講義室からの講師や学生の声が聞こえる。外の騒音も聞こえる。

・発熱等の症状が出たため、科目登録した科目に出席できない。

・学習センター内では、原則としてマスクを着け続けなければならない。

【4.文京区による感染防止事業への協力の可能性について】

現在、文京区より、感染防止事業への協力の打診を受けています。もし協力要請に応じた場合、毎日一定数の学外者が来館する可能性があります。学習センターに入るときなどに、受講者の皆さんにご協力をお願いしなければならないかもしれません。

2020年度第2学期に引き続きご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

2021年2月13日

放送大学東京文京学習センター
 
  

一覧ページへ戻る

ページの先頭へページの先頭へ